• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【プロローグ】リーダーとは「できる・できた人」である

2009年2月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

なぜ部下が育たないのか?

 ウチの部下は、どうしてなかなか育たないのでしょう?

 「もっとチャレンジしろ!」とハッパをかけてもアイデアを出してこない。仕事の完成度が低い。指示した通りに動かない。仕事に対する当事者意識がない。今さらフォローもできないようなデッドラインぎりぎりになって「やっぱりできそうにありません」などと言い出す。他社には優秀な人材がそろっているように見えるのに、どうしてウチの部下たちはいつまでたっても成長してくれないのだろう…。あなたが1人でも部下(後輩)を持つ立場なら、そんな悩みに頭を抱えた経験が1度ならずあるでしょう。

 1959年に社会人としての第一歩を踏み出してから現在に至るまでの四十数年のうちに、私は社長職を3社(ジョンソン・エンド・ジョンソン、日本ホールマーク、日本サラ・リー)、副社長職を1社(日本フィリップス)経験しました。その経験と実績を評価してくださってか、私の元には今も、部課長クラスから大企業の経営者まで、また近年ではベンチャー企業の若手経営者たちが様々な悩みを打ち明けに来てくれます。冒頭で挙げた悩みもその1つです。

「育っていない」のではなく「育てていない」

 部下が育っていない、という声を耳にするたびに、私の心の中にはある疑問が湧いてきます。その疑問とはすなわち、「育てようとしているのか?」ということ。

 もしもあなたが、相も変わらずトンチンカンな質問をしてくる部下を見て「どうしてアイツはなかなか育たないんだ…」とグチをこぼしているのなら、少々手厳しい物言いに聞こえることを承知のうえで、こう言わざるを得ません。あなたの部下が「育っていない」のではなく、あなたが部下を「育てていない」のです。

 もちろん、部下も一人ひとり個性を持った人間です。ハキハキと受け答えができてのみ込みが速い部下もいれば、何度も同じ間違いをしでかす部下や、どうがんばったってコミュニケーションが困難な“宇宙人”のような部下もいるでしょう。

 しかし、どれほど厄介な部下であっても、思うように成長してくれない原因を部下本人のみに押しつけていたのでは、器の大きな上司とは言えません。そんな時は、ため息をつきながら「どうしておまえは…」と小言を言う代わりに、あなた自身にこう問うてみてほしいのです。「部下が『育っていない』のではなく、私がコイツを『育てていない』のではないか?」と。

 なかなか育たない部下を叱り飛ばすのが上司の仕事なのではありません。少しでも速く部下が育つように仕向けてやるのが上司の仕事です。部下が育てば、組織が育つ。組織が育てば、より大きな仕事ができる。かくして、「人育て」のうまい上司がいる会社は繁栄していくというわけです。

 その証拠に、私がこれまでにお会いした数々の名経営者は、皆さん一様に人育ての達人でいらっしゃる。彼らの部下は、必ずしも初めから非の打ちどころがない逸材だったわけではありません。人育ての達人は、長所もあれば欠点もある多様な部下たちの実力を、それぞれの個性に応じてグンと伸ばしてやる作法を心得ているのです。

コメント27

「リーダーのための“新”武士道 伝説の外資トップがあなたのメンターになる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トヨタ生産システムでは問題が出て当たり前なんですよ。

友山 茂樹 トヨタ自動車専務役員