• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

財務の門外漢がCFOになった

  • 新貝 康司

バックナンバー

2009年3月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 未曾有の経済危機をいかに克服するか。今、世界中の企業経営者がこの問題に直面しています。

 こんな時代だからこそ、CFO(最高財務責任者)の役割はますます重要になる――。財務担当の責任者として多くの困難を克服してきた著者はそう述べます。このコラムでは、著者の実体験に基づいて、これからのCFOが果たすべき新たな役割について描きます。

 今回の危機は、かつてないマグニチュードで世界中の企業に激震をもたらしているのは確かです。しかし、著者が、ビジネスマンとして試行錯誤を繰り返し課題に取り組んできた過程は、CFOやCFOを目指す財務担当者はじめ、組織のリーダーに多くの示唆を与えるはずです。今回こう考え、ご登場いただきました。

 

 初めまして、日本たばこ産業(JT)の新貝康司です。

 今、金融、経済の動乱期にあって、企業経営におけるCFO(Chief Financial Officer)の役割がますます重要になっています。また、企業内で財務関係の仕事をしている人にとって、目指している目標の1つが、CFOになることではないでしょうか。

 世界のどの大企業を見ても、CFOあるいはFinance Directorと呼ばれる人がいます。しかし、日本企業の場合、CFOは比較的その歴史が浅いポジションです。

 Accounting、Treasury等で活躍してきた人が、過去の仕事の延長線上でその任に当たっていることが、いまだ多いようです。CFOが果たす役割は何か、CFOが備えるべき資質とは何かについて、変化の激しい時代だからこそ、再考する価値があるのではないでしょうか。

 CFOが持っている顔を思い浮かべてください。CFOは経営者です。CFOはCEO(最高経営責任者)の財務面でのブレーンです。CFOは財務機能のリーダーです。CFOは資本市場や金融市場への大使です。こういった複数の顔そのものが、CFOはAccounting、Treasury、Tax等のエキスパートの単なる延長線上には位置づけることができないといったことを、雄弁に物語っています。

財務関連の知識は自己流

 さて、ここで私の経歴を簡単に述べさせていただきます。

 私は、大学、大学院では、電子工学を専攻し、エンジニアを当初目指していました。しかしながら、就職に際し、研究職やエンジニアへの道ではなく、人と仕事をすることを志望し、入社以来、様々な仕事に携わりました。

 複数の製造現場経験、そのマネジャー、技術開発計画の立案とその実行、医薬事業での米国ベンチャービジネスとの提携、提携した上場バイオベンチャー企業の社外取締役、キャッシュフロー経営に代表される企業変革プログラムの実行、企業買収といったものです。

 また、財務関連の知識は自己流であるにもかかわらず、CFOを務め、大規模なM&A(合併・買収)を手がけました。入社以来の仕事は、事業はもちろん、関連する法務、財務の知識・経験にとどまらず、リーダーのあり方、経営のあり方についても、幅広く考える機会を提供してくれました。

 囲碁の世界で、傍目八目という言葉があります。当事者よりも第三者の方が、より深い洞察をすることが、時に可能になるということです。

コメント0

「危機の中で明日を拓く CFO“新論”」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師