• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

所得で支え続けた基礎研究

常識の源流対論・吉村作治 その1

2009年3月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 編集部 お2人が実際にお会いになるのは今日が初めてだそうですね。

 吉村 いやぁ、お会いしたかったんですよ。

 編集部 そもそも吉村先生の書評がきっかけということで…。

吉村 作治(よしむら・さくじ)氏

吉村 作治(よしむら・さくじ)氏
1943年東京都生まれ。サイバー大学学長、工学博士(早稲田大学)、早稲田大学客員教授。エジプト考古学者。66年、アジア初の早大古代エジプト調査隊を組織して現地に赴く。以降、40年以上にわたり発掘調査を継続。数々の発見により国際的評価を得る。2005年1月、未盗掘・完全ミイラ、2007年1月に未盗掘の夫婦の未開封木棺、10月に未盗掘の親子ミイラを発見。ホームページは「吉村作治のエジプトピア

(写真:大槻 純一、以下同)

 吉村 僕が伊東さんの『バカと東大は使いよう』という本に出合いまして、何度も読んで大変に影響を受けたんです。今、サイバー大学を発展させてゆくうえで、大切なヒントがたくさん入っていて。そんなことをWEDGEという雑誌の書評欄に書いたんです。

 編集部 新幹線のグリーン車に置いてある雑誌ですね。

 吉村 そうしたら、わざわざ伊東さんにドイツからお手紙を頂いて、それからメールで文通が始まったんです。

 伊東(以下――)でも僕が、吉村さんのお仕事と、それからあまり報道されない、本当に良心的なご研究の舞台裏を知るようになったのは、かれこれ20年も前、NHKで音楽の仕事をしている時だったんです。

 編集部 そのあたりから伺えますか?

「自腹でピラミッドを発掘する考古学者」

 ―― 20代半ば頃、私はNHKテレビで音楽の仕事をしていました。その頃「きょうの料理」という番組の「男の料理」という特集に「吉村作治という考古学者が出演して、それが大変に面白いうえに、テレビのギャラ、出演料ですね、そういうものすべて、私財を投じて、実はエジプトでピラミッドの発掘を営々と続けているらしい…」。そんなふうに聞いたのが、最初だったんです。

 吉村 まだ本当にテレビに出始めた頃ですね。

 ―― で「常識の源流探訪」の対論企画で研究・教育を取り上げる時、最初にお話を伺うのは吉村さんしかない、と思ったわけです。

 吉村 大変光栄です。

 ―― とんでもありません。ただ、「日経ビジネス オンライン」の読者も、多くのテレビ視聴者も、「吉村作治」という名前をもっぱらポピュラーな側面から理解していると思うんです。僕自身、今回いろいろ伺って、例えば「吉村作治教授、サイバー大学学長に就任」というのが、吉村先生ご自身でリスクも背負って事業を起こされたものだ、とか、基本的なことを全く理解していないことが分かって、大変恥ずかしく思っています。

 吉村 いえいえ、そんな、そんな…。

 ―― もしよろしければ、今回は、従来の「吉村作治像」を完全に一新するようなお話を伺えないかと思っています。教育、研究と、歴史的宗教的、あるいはもっと哲学的な背景なんかにも触れながら。ちょっと硬めで、テレビ向きではないと思いますが、「日経ビジネス オンライン」では噛み応えのある記事がしっかり読まれますので…。

 吉村 僕自身は硬い方が好きなんですが。ただ硬いことを言っても誰も取り上げてくれないから…。

 ―― (笑)

 吉村 だから軟らかくやっているだけなんです。

 ―― 違う横顔というんでしょうか、シリアスに語られる、専門家としての吉村先生の「別の顔」でお話を伺えればと思います。

 吉村 どうもありがとうございます。

研究は教授の「お仕事」なのか?

 ―― 早速ですが、大学の問題を考えたいので、まず日本の教育の現状をどうご覧になられますか?

 吉村 伊東さんも大学の先生でいらっしゃるから、大学教員を前にして言いにくいんですが…僕は、今の大学は壊滅寸前じゃなくて、すでに壊滅していると思います。
 
 ―― 確かに非常に厳しい状況にあると思いますね。

 吉村 1つは、教える側と教わる側の利害が不一致。

 教える側の人が「不一致」になる理由は、細かく言えばみんなばらばらですが、大きく言って大学の教員を職業だと思っている。そして生活の糧だと思っている。そこを履き違えていると思うんです。

 ―― といいますと?

コメント6

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏