• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中小企業の実態に合わない公的年金制度の是正を

バッシングだけでは解決しない「年金改ざん」問題の本質

  • 郷原 信郎

バックナンバー

2009年3月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前々回前回のこのコラムで述べてきたように、「年金改ざん」問題は、厚労省や社会保険庁組織が「法令遵守」に偏った対応ばかり行ってきたことや、組織のトップである舛添厚労大臣が、事実を確認もせず、問題の本質を理解することもなく、社保庁職員が犯罪者であるかのようにこき下ろしたことなどで、マスコミや世の中から、社保庁の職員が組織ぐるみで行った単なる「悪事」であるように決めつけられてしまい、問題が矮小化されている。

 では、この問題に対して、今後、どう対応したらよいのか、制度の在り方やその運用はどのように改めていったらよいのか。私なりの考え方を示しておきたい。

「年金改ざん」を巡る誤解の解消が急務

 何はさておいても、まず行わないといけないことは、この問題に関する国民の誤解を解消するために、「年金改ざん」と言われている問題を整理し、何が問題の本質なのかということを、分かりやすく国民に説明することだ。そのためには、厚労省トップとしての舛添大臣が、この問題の本質を理解し、自ら説明を行うべきだ。

 「年金改ざん」問題というのは、経営の不安定な中小企業に厚生年金という制度を適用したことで発生した問題で、大企業のサラリーマン、役員や公務員などには基本的に無関係だということをすべての国民に分かってもらうことが必要だ。「年金改ざん」と言われる「標準報酬月額の遡及訂正」が行われるのは何カ月にもわたる保険料の滞納が発生した場合であるが、大企業が社会保険料を長期にわたって滞納することはほとんどあり得ない。

 しかし、このような、ある意味では当然のことすら、新聞、テレビなどでは明確に伝えられてはいない。「『年金改ざん』は100万件以上に上る、その闇はどこまで広がっているのか分からない」というような報道もあり、多くの国民は、社保庁職員が組織ぐるみで行った「年金改ざん」のために自分たちも被害を受けた可能性があるような誤解をしているのが現状だ。

 次に、標準報酬月額の遡及訂正は、基本的に、事業者の申告によって行われたものだということを説明する必要がある。申告書自体を社保庁職員が偽造したというのであれば別だが、さすがにそのような話は、これまで全く出ていないし、そこまでして遡及訂正の訂正を行うほどの動機が社保庁職員の側には考えられない。調査委員会が設置したホットラインには全国から多数の情報が寄せられたが、その中でも、事業者の申告もしていないのに、勝手に年金が引き下げられたという情報提供はなかった。

 もっとも、前々回のこのコラムへのコメントの中に、「私は約35年間会社を経営し、現役を引退して5年後、社会保険事務所から連絡があり、給料が8万円に減額されているので確認したいと言う事でした。当時私の給料は75万円で一度も保険料の滞納はなく、引退するまで赤字決済はなく、もちろん給料減額はありませんし、減額されていた事等、私は全然知らない事であります」というものがあった。

 これが、事業主の標準報酬月額が本人の知らない間に遡及訂正されたということを意味するのであれば、調査委員会も、社保庁も認識していない事案である。

 標準報酬月額の遡及訂正は基本的に事業者自身の申告で行われているものであり、申告もなしに勝手に引き下げられている社保庁職員側の一方的な「改ざん」の事案は、現時点では全く見つかっていないが、万が一にもそういう事案があるのであれば徹底解明するということも明確にしておくべきであろう。

「事業主案件」と「従業員案件」の明確な区別を

 そして、重要なことは、同じ標準報酬月額の遡及訂正でも、事業主分の訂正(事業主案件)と従業員分の訂正(従業員案件)とは全く意味が異なること、現在把握されている遡及訂正の大部分は事業主案件(生計を同一にしている親族など分を含む)であることを国民に分かりやすく説明し、この2つを明確に区別した対応を行うことだ。

コメント11件コメント/レビュー

制度の矛盾について言及し、国民に問題提起している点は大いに評価する。しかし、いつもこの件について思うのは・職員の関与、指南についての調査をそのまま鵜呑みにしてよいものなのか?厚労省としては財務折衝のために徴収率を上げたく、外局である社会保険庁・社保事務所で改ざんが日常的に行われていたとする証言はかなり信憑性が高いと思うがどうか?・後継組織である日本年金機構の計画では、社労士に一部業務を委託するとのことだが、事業主から報酬を得ている社労士は改ざんや偽装脱退に関与していないのか?関与していないという保証がなければ、職員採用にあたり、処分者を採用しないとする方針とは大きく矛盾していると思われるがどうか?上記について言及する識者がほとんどいないことが不可解である。(2009/03/04)

「会社をダメにする“法令遵守”」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

制度の矛盾について言及し、国民に問題提起している点は大いに評価する。しかし、いつもこの件について思うのは・職員の関与、指南についての調査をそのまま鵜呑みにしてよいものなのか?厚労省としては財務折衝のために徴収率を上げたく、外局である社会保険庁・社保事務所で改ざんが日常的に行われていたとする証言はかなり信憑性が高いと思うがどうか?・後継組織である日本年金機構の計画では、社労士に一部業務を委託するとのことだが、事業主から報酬を得ている社労士は改ざんや偽装脱退に関与していないのか?関与していないという保証がなければ、職員採用にあたり、処分者を採用しないとする方針とは大きく矛盾していると思われるがどうか?上記について言及する識者がほとんどいないことが不可解である。(2009/03/04)

中小企業の実態に即した公的年金制度を創設すること以外にこの問題の根本的な解決はあり得ない――それは、この問題「だけ」の解決にしかならないのではありませんか? 現状、既に国民・厚生・共済と分けられているだけでも複雑化し、それぞれの年金制度間での不公平さが浮き彫りになっているのに、この上、更に新しい制度を創るのが良い事だとはとても思えません。(2009/03/04)

著者の考え方に基本的には賛成ですし、報道されていない部分を体系的に説明して戴いて頭の整理が出来ました。幾つか提言されている点は是非検討戴きたいと思いますが、一方で違法(或いは勝手解釈による運用の捻じ曲げ)行為に関しては、厳格に調査の上で処罰を行うのが筋だと思います。それが無ければ組織の保身・身内理論という従来の私企業が指弾されてきた事と何ら変わらないと思います。■この問題の根本には、厚生年金制度が中小企業の経営実態に適合していないという根本的な問題があり、重要なことは制度や運用の改善を行うことであって、社保庁職員の責任追及を行うことだけでは問題は解決しない(⇒賛成ですが、違法行為・問題行動を引き起こした職員と管理責任者には明確な処罰が必要と感じます)■法人事業者であっても、会社法などの法律が予定しているような組織や経営の実態ではない中小企業を巡る問題は、「法令遵守」だけでは絶対に解決できない問題である。法令による建前論ではなく、実態を把握し、現実を直視して解決策を考えていくほかない(⇒総論賛成ですが、今ある法令を無視したり解釈を捻じ曲げるのは賛成しかねます)。■基礎年金制度に下支えされた(厚生年金は国民年金の「上乗せ」の制度であり、加入している限り標準報酬月額が最低水準でも国民年金加入者の年金額を上回る)厚生年金の事業者の負担率を、大企業向けと中小企業向けとで区別するという方法もあり得るのではないか(⇒大賛成です)。■「年金改竄」問題というのは、経営の不安定な中小企業に厚生年金という制度を適用したことで発生した問題で、大企業のサラリーマン、役員や公務員などには基本的に無関係だということをすべての国民に分かってもらうことが必要だ(⇒とはいえ、大企業とその従業員が拠出した財資を元に運用された年金がその方々に流用されるというのは如何にも納得し難い)。@拠出よりも受取りが少ない世代より(2009/03/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授