• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新中流社会の構築を目指して

今、「代表的日本人」とは誰か?

2009年3月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 内村鑑三の『代表的日本人』(原題Representative Men of Japan)が刊行されたのは、1908(明治41)年だった。元々は、1894年に徳富蘇峰率いる民友社から出た『日本及び日本人』(原題Japan and the Japanese)の改訂版で、どちらも英語で書かれ、海外の読書人に対して極東の新興国日本を知らしめる書物として出版されたものだ。

 100年超経った今、見直してみると、「代表的日本人」として取り上げられている人物のセレクションはバラエティーに富んでいるし、軍事あるいは政治世界で圧倒的な勝利をあげた人は含まれていないのがなかなか面白い。5人すべてを挙げてみよう。

 西郷隆盛 ― 新日本の創設者
 上杉鷹山 ― 封建領主
 二宮尊徳 ― 農民聖者
 中江藤樹 ― 村の先生
 日蓮上人 ― 仏僧

 それぞれの「一言」紹介は同書の目次の記載通り。訳はワイド版岩波文庫(鈴木範久訳)に従った。

 内村鑑三の狙いは、欧米のキリスト教徒に対して「異教徒の国・日本にも、開国、文明開化以前から質の高い思想があり、尊敬すべき人生を送った人々がいた」というメッセージを伝えることにあったのだろう。

相手の価値観に立って訴える

 同書では5人の人物について、キリスト教の立場で評価を試みるという語り口を取りながら、「あなた方はキリスト教文明の下に、進歩を遂げた国と国民がいるという思い込みを持っているだろうが、いやいや日本はなかなかのものだぞ」ということを伝えようとしている。

 ドイツ語翻訳版の後記の中では、
「武士道は確かに立派であります。それでもやはり、この世の一道徳に過ぎないのであります…(中略)…しかし他方、キリスト教だけがアブラハムの子を石から起こし得る(マタイ3章9節)と思うことは間違っています」
 と述べている由だ。

 少し持って回った言い方だが、内村自身キリスト教信者であったにもかかわらず、相当踏み込んだ形で異教の国、すなわち日本の文化的・宗教的背景の肥沃さについて、直裁に述べていることに驚かされる。

 自らの内的欲求として、キリスト教という外来の信仰を日本人として受容するうえで、日本に元からあった「良さ」がキリスト教をベースとした欧米の価値観と親和性が高いということを確認したいという思いもあったであろう。さらに、当時の新興国日本が、欧米諸国から少しでも高い評価を受けるように、という強い意識もあったに違いない。

 この本を読み返してみると、
― 訴えたい相手(欧米諸国の国民)を特定し、
― 彼らの視点、価値観(キリスト教に基づく人物や文化の評価)を理解し、
― その土俵に立つことで訴えたいメッセージ(「日本は古来尊敬すべき人物・文化を有する国である」)が「伝わる」確度を上げる
 という点に、感心させられる。

コメント0

「御立尚資の「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「新中流社会の構築を目指して」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長