• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「財務企画部」の立ち上げを命じられた

財務の門外漢が書いた新部署の設計仕様書の中身

  • 新貝 康司

バックナンバー

2009年4月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 2001年の春のある日、社長に呼び出しを受けました。それまで経営企画部が有していた経営管理機能、新たに財務戦略を考える機能、そして財務機能として強化すべき機能を具備する組織として、財務機能(当時財務グループと呼んでいました)の中に、新たに財務企画部を作るよう指示されたのです。しかも、その組織を率いるよう命を受けました。

 まったく晴天の霹靂でした。確かに財務機能の方向性について、外野から財務機能だけでなく当時のトップマネジメントに向かっても強く、かつ具体的に意見具申をしていました。ただ、門外漢の自分が財務機能で仕事をすることになるとまでは考えたことがありませんでした。

 しかし、冷静に考えてみると、JTには連綿と続くある伝統・風土がありました。それは、自分がやりたいこと、あるいは会社としてなすべきことを主張していると、それを唱えている本人に、その実行を委ねるというものでした。「それだけ言うのなら、おまえがやってみろ」――。こういった風土です。

財務機能の役割とは何かを整理した

 財務企画部を立ち上げるに当たり、まず手始めに財務機能全体として果たすべき役割について、再度、頭の中を整理しました。自分がもしCFOだったらどうするかという視点から考えてみたのです。その結果、4つの役割が見えてきました。

 財務機能を経営トップのスタッフと捉えた場合、経営が必要とする投資資金をいかに確保するかを考えねばなりません。これは、資本コストを超えるROI(Return on Investment)を得るといった投資規律を前提として、自律成長(Organic Growth)に限らず、外部成長(External Growth: M&A等による成長) にも当てはまることです。

 財務機能を事業のビジネスパートナーと捉えた場合には、経営管理面から事業に働きかけ、どのようにその利益やキャッシュフローを増大させてもらうかを考えねばなりません。また、事業の血液である資金供給、事業遂行に伴う税務相談等のサービス機能の品質向上も重要です。

 財務機能を自ら価値を創造する存在と捉えることもできます。この場合は、資金管理、為替管理、税務等を通じ、自らもキャッシュフロー増大に貢献し、リスク管理を行い、さらに、全社の財務関連業務を効率化することでその役割を実現することができます。

 財務機能を外部とのコミュニケーション機能を担う部署と考えると、しっかりとした内部統制の下、タイムリーに公正な開示を行うことが求められます。

 そして、これらを支えるために、個々人の能力、組織としての能力を高めなければならないことは言うまでもありません。

コメント1

「危機の中で明日を拓く CFO“新論”」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長