• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

チーズに賭けるブランド再生
「縮み経営」の陰で大胆な改革が

雪印乳業

  • 小林 暢子

バックナンバー

2009年4月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2度の品質問題で企業解体の危機に瀕(ひん)した雪印乳業は、市乳部門を分離し、乳製品専業メーカーとして再生を誓った。
そのカギとなったのが、2007年に投入したチーズの新ブランドだ。
社運を賭けたプロジェクトとして、生販管理の体制を強化する一方、顧客の声に耳を傾け、社員の意識改革も遂行した。
チーズ事業を成長軌道に載せた2009年秋、日本ミルクコミュニティとの経営統合によって、総合乳業メーカーとして再スタートを切る。

(文中敬称略)<日経情報ストラテジー 2007年7月号掲載>

プロジェクトの概要

 2000年の食中毒問題、2002年の子会社による牛肉偽装問題という2度の不祥事を起こした雪印乳業は、2003年に総合乳業メーカーからバター、チーズなど乳製品の専業メーカーに転じた。市乳部門などを切り離し、社員数は6000人から1400人まで減少。黒字転換を追求するために、徹底したコスト削減を実施し、広告宣伝もほとんど打たなかった。

 再建の最終目標である株主への復配を実現した今春、一転して成長戦略を打ち出す。北海道産原料を100%使用したチーズの新ブランド「雪印北海道 100」を積極的に拡販し、次代を担う基幹事業と位置付ける。SCM(サプライチェーン・マネジメント)システムによる在庫コントロールや、コンプライアンスへの取り組みを通じて身につけた顧客志向を武器に、シェアアップのみならずチーズ市場の活性化も狙う。

雪印社員が来場者に新ブランドのサンプル商品を配る。管理職が休日を返上して集まり、会場設営も行った。スキー部の斉藤浩哉、原田雅彦も参加(横浜市のこどもの国牧場で) (写真:的野弘路)

 「おっいしいチーズはゆっきじっるしー」

 2007年4月中旬。横浜市郊外の遊園地「こどもの国牧場」のイベント会場で、子供たちがステージに向かって腕を振り上げる。掛け声をかけてじゃんけんゲームの音頭を取るのは、長野五輪ジャンプ金メダリストで、現在は雪印乳業スキー部コーチを務める原田雅彦。同部監督の斉藤浩哉とトークショーを繰り広げるこのイベントは、雪印乳業が今春発売したチーズの新ブランド「雪印北海道100」のプロモーションの一環だ。ゲーム終了後は、副社長の高原憲一をはじめとする幹部社員が、そろいのユニフォームで1000人近い来場者にサンプル商品を手渡す。

 札幌を皮切りに、日本全国で開催されるこうしたイベントには、新ブランドに賭ける雪印の並々ならぬ期待が込められている。シェアアップのみならず、国産チーズ市場全体の拡大を担う戦略商品として。そして、2度の不祥事で傷ついた雪印ブランドを再び浮揚させる原動力として。

今出さなければ意味がない

 「雪印北海道100」は雪印が6年ぶりに発売した新ブランドだ。原材料に北海道産の生乳のみを使用し、食の安全に関心を持つ消費者に訴求する。スライスチーズやクリームチーズなど19品目をそろえた。「発売後1カ月を経て売れ行きは期待通り。特にスライスチーズは主要取引先のほぼ100%が取り扱ってくれた。通常の新商品はよくても8割の扱い。ブランドのコンセプトと商品の良さの両方を理解してもらえたようだ」。新ブランド立ち上げをけん引した家庭用事業部営業企画グループ課長の稲葉聡は、好調な出足に胸をなで下ろす。

コメント3件コメント/レビュー

2000年・2002年の事件は道産子として又経営陣と同世代の人間として、真に残念であり、開拓時代からの初志を忘れ、あろう事か平気で悪事を働くような会社は、無くなるのが当たり前だと、今でも痛烈に感じております。このような人間が数多くいる事を忘れず、法律を犯す事が無い様、経営なさる事を見守っております。(2009/04/01)

「崖っぷちからの再生 改革の軌跡(第1部)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

2000年・2002年の事件は道産子として又経営陣と同世代の人間として、真に残念であり、開拓時代からの初志を忘れ、あろう事か平気で悪事を働くような会社は、無くなるのが当たり前だと、今でも痛烈に感じております。このような人間が数多くいる事を忘れず、法律を犯す事が無い様、経営なさる事を見守っております。(2009/04/01)

牛乳事業は別会社になったのに「雪印の牛乳飲んでるわよ」と言われたこともあった>何処から何処までが雪印で、何処からが雪印以外となったのかが一般人には明確ではありません。それは当の雪印がリリースを出して記者会見すれば説明終わりと思っていて、消費者目線になっていないからです。また、ブランド再構築の話ばかりで衛生面の話に触れていませんが、そもそも衛生面で打撃を受けたのだから「牛乳は別会社なのに」ではなく、衛生面の向上(してる筈、と思って書いてます)を気を抜く事なく打ち出して行くべきでは?当時入院した人、周りに被害者がいた人達は雪印ブランドを未だ信用していませんよ。厳しい事を言いましたがチーズは好きなのでよく雪印製品も買っています。(2009/04/01)

 現在、雪印がどのような企業体系を構築しているのか詳しくは知りませんが、やはり一消費者としては不信感がまだあります。特に関西では西宮冷蔵の社長の人生を特集する番組が多くあり、雪印への不信感は他地域よりも高いと思います。 本当に雪印が再生するためには、西宮冷蔵の社長に謝罪し、和解することが不可欠なのではないでしょうか。(2009/04/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授