• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

近代国家の限界と21世紀型の国家像

『国家の崩壊』から考える日本企業の雇用問題

2009年4月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 『国家の崩壊』(日本経済新聞出版社刊、原題 The Breaking of Nations : Order and Chaos in the Twenty-First Century)というなかなか面白い本がある。刺激的なタイトルとは裏腹に、落ち着いたトーンで21世紀の国家(及び国家連合)像について語る好著だ。

 英国の外交官である著者ロバート・クーパーは、国家をプレ近代、近代、ポスト近代の3類型に分けて考える。内戦などでカオス状態にある「プレ近代国家」。確立された国民国家(ネーションステート)であり、自国の安全保障の手段として軍事力に依存する「近代国家」。そして、安全保障のためには相互に透明かつオープンであること、相互に良好な政治関係を維持することを、軍事力よりも重視する「ポスト近代国家」だ。

 クーパーはこの3類型について、歴史を踏まえながら、21世紀の国家像、特に「ポスト近代国家」の在り方について詳述していくのだが、いかにも英国の教養人らしい、切れ味の良い「修辞」があちこちに顔を出す。例えば、「古代及び中世の世界にとって、選択肢は帝国と無秩序しかなかった」だとか、「コミュニズムとファシズムは、どちらも、啓蒙思想と産業革命のテクノロジーがもたらした社会の近代化に抵抗しようとした試みだった」といった具合だ。

 この「修辞」自体が魅力なのだが、もちろん具体的な論考そのものもしっかりしている。あえてごくごく単純化すれば、以下のようなことが述べられている。

 「近代国家」は、軍事力を保有し、場合によっては戦争という手段によって自国の主権を守ろうとする。しかし、これが行き過ぎると、主権防衛をうたいながらも、ほかの主権国家を侵略したり、版図に加えたりする「帝国」主義になってしまうことは、史上何度も起こったことだ。

 また、通常の近代国家は、文化や民族に一定の共通性を有する「国民」という存在を中心に国民国家を形成していくのだが、米国は自由と民主主義という「イデオロギー」を中心に国家を形成してきた。このため、このイデオロギーをベースとした独特の「帝国」主義的傾向を持つことになりがちだ。その米国が圧倒的な軍事的優位を持つ故に、これに反発する国も後を絶たないということになる。

 さらには国家ではなく、もっと小規模なグループからのテロでも主権国家に対して大きな脅威を与えるようになってきたため、従来型の「国家間の勢力均衡」を通じた安全保障戦略が必ずしも有効なものではなくなってきている。

コメント2件コメント/レビュー

大変興味深く読ませていただきました。筆者自身がまだ結論を得ていないというホットな話題とのこと,今後のコラムが楽しみです。「近代国家(=国民国家)」が「崩壊」し「ポスト近代国家」が生まれようとしている。この大きな変化が日本の国家形態のみならず文化や経済システムの変性を促す。この変性が経済合理性を追求する企業の行動と国民の大多数を占める労働者の雇用に大きなミスマッチを生み出す。私には筆者がそのように懸念していると感じられました。資本主義的,「産業第一主義的(?)」な発想ではその通りでしょうが,はたしてそうなるでしょうか。疑問の1は「価値観の変性」。疑問の2は「経済合理性(ないしは経[世]済[民]の概念そのもの)」の変性。「国民」という共同体意識,「民族」の連帯感が相対的に希薄することで「ポスト近代国家」が生まれるというのはわかる気がします。しかし,「ご近所」の概念・意識がなくなるとは思えないし,むしろ強まるようにも思えるので「地域連帯性」と「共生の価値観」が「企業の価値観」と共鳴してミスマッチの限界までの暴走的拡大を抑えてくれるのではないか。私はそう期待しています。いずれにしても,ご紹介のあった本は今日にも手に入れて早速読んでみたいと思います。(2009/04/03)

「御立尚資の「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「近代国家の限界と21世紀型の国家像」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

大変興味深く読ませていただきました。筆者自身がまだ結論を得ていないというホットな話題とのこと,今後のコラムが楽しみです。「近代国家(=国民国家)」が「崩壊」し「ポスト近代国家」が生まれようとしている。この大きな変化が日本の国家形態のみならず文化や経済システムの変性を促す。この変性が経済合理性を追求する企業の行動と国民の大多数を占める労働者の雇用に大きなミスマッチを生み出す。私には筆者がそのように懸念していると感じられました。資本主義的,「産業第一主義的(?)」な発想ではその通りでしょうが,はたしてそうなるでしょうか。疑問の1は「価値観の変性」。疑問の2は「経済合理性(ないしは経[世]済[民]の概念そのもの)」の変性。「国民」という共同体意識,「民族」の連帯感が相対的に希薄することで「ポスト近代国家」が生まれるというのはわかる気がします。しかし,「ご近所」の概念・意識がなくなるとは思えないし,むしろ強まるようにも思えるので「地域連帯性」と「共生の価値観」が「企業の価値観」と共鳴してミスマッチの限界までの暴走的拡大を抑えてくれるのではないか。私はそう期待しています。いずれにしても,ご紹介のあった本は今日にも手に入れて早速読んでみたいと思います。(2009/04/03)

 雇用の回復は遅れるというよりも、構造そのものが変わるように思います。例えば新卒採用を極力絞り、ほとんどを非正規雇用に置き換えるようなことが、製造業では考えられるでしょう。団塊の世代が退職してもそれを新卒で補わず、非正規で補うということはありえると思います。 雇用の問題はあれだけ日本のマスコミも騒いでいたにもかかわらず、今はほとんど騒がれていません。喉もと過ぎれば熱さを忘れる、でしょうか。正社員雇用がほぼ確保されている今、どうでもよくなったのかもしれません。(2009/04/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長