• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なぜ日本はテポドンで右往左往するのか?

技術に定見を欠く人材育成がもたらしたもの

2009年4月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アメリカの報道をきっかけに、北朝鮮の「テポドン」関連の話題が騒がしいことになってきました。私の結論は「本質を見抜く目をもって落ち着いて事態の推移を眺める」という以上でも以下でもないのですが、騒ぎの表層、米軍や韓国軍の落ち着いた対応と、(支持率がすでにまともな体をなしていない)麻生太郎政権の対応など、表面的な「空騒ぎ」の底流で、より本質的に深刻な「技術に関する定見の喪失」が進んでいると、改めて痛感しています。

 元来は今週から辻井喬さんとの対論の掲載を予定していたのですが、今回は「テポドン」をきっかけとして、この問題を考えてみたいと思います。

「喪失」を象徴する事件

 3月13日のことです。研究室のF君からのメールで、私は「国立産業技術史博物館」計画頓挫に関して発生している事態を知りました。

 大阪府吹田市の万博記念公園内に建設構想があった「国立産業技術史博物館」のために、大阪府などが作った協議会が蒐集した歴史的な産業資料2万数千点が、一度も公開されないまま廃棄処分されることが決まったというのです。F君は音響に関する科学技術史の専門家で、憤懣やる方ない、といった調子で情報を教えてくれました。

 読売新聞の報道によると「国立産業技術史博物館」の構想はバブル期に暖められたものとのことです。しかしバブル崩壊後に計画は頓挫、同博物館に展示するべく集められた、膨大な「産業資料」は、日の目を見ることなく万博公園内の旧万博パビリオン「鉄鋼館」の中に保存されていました。ところがその「鉄鋼館」が万博資料館「EXPO'70パビリオン」として改修されることとなり、資料の保管場所がなくなったというのです。

 財政難に苦しむ大阪府では、新たにかかる保管費用を賄うことができないと判断、大阪府、大阪市、大阪商工会議所、日本産業技術史学会で作る「国立産業技術史博物館」誘致促進協議会が3月6日に会合を開いて資料の「廃棄処分」を決定しました。また、1986年に設立されながら97年以後休眠状態にあった同協議会も3月末で解散が決まりました。

 さてしかし、ここに集められていた「産業資料」とは、いったいどんなものなのでしょう?

江戸時代以来の貴重な産業資料

 集められていた資料2万数千点というのは、関西電力や東京農工大学など約30の企業や大学、個人が「産業技術史博物館のために」と寄贈した貴重な資料ばかりだといいます。

 かつて実際に使われていた日本最初の発電所のタービン、江戸時代の鋳物工場で使われていた木製人力クレーン、あるいは大阪砲兵工廠で使用されていた日本の軍需製造機械など、一度失ってしまったら、二度と戻らない重要なものを、わざわざ保存するべく集め、20年近く塩漬けにした末に、何を作るのか知りませんが新規の「パビリオン」への改修などを理由にして(そこで回転する予算と、関連する業者などもあるわけですが)、わざわざ集めた貴重なものを、丸ごと「産業廃棄物」にしてしまうという。

 はっきり書きますが、日本で新たに作る「パビリオン」だのナンだのというので、ろくなものをほとんど見ません。とくに「科学博物館」の類は、私も関わったことがありますので率直に書きますが「浅い」「中身がない」「薄っぺらい」悲惨の極みのようなものが大半です。公営のものは、科学を修めていない専従者が「子供にも喜ばれるように面白おかしく」企画を考え、官費を狙って業者が入り込んで、本質の薄い水増しバラエティー番組みたいな代物になっているケースばかり目にします。

 新たな万博資料館がどのようなものかは知りませんが、数百年に及ぶ産業の歴史と計りあえるものとは思いません。

コメント13

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック