• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

GDPの大きさ=幸福、の思い込み

  • 神谷秀樹

バックナンバー

2009年5月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、帰国した際、3つの講演会に参加し、そこで様々な人と意見を交わした。高名な経済学者や現在旬のエコノミスト、政治家、官僚、労働組合の代表、企業人、さらに美術や建築などを学ぶ予備校生そして大学生と、経済社会で「今起こっていること」と、「これからどうすべきか」について話し合った。

 講演会に参加するまで筆者は、日本の経済学者や政治家の多くは「財政支出推進論者」と思っていた。

これまで述べてきたように筆者は

(1) 大盤振る舞いする前に、金融や社会の仕組みを直す必要を強調し、
(2) 世界中探しても貸してくれる人がいない時に、中央銀行に引き受けさせても行うような大借金を国はするべきではない、
(3) 使途を十分吟味せず、返済計画もなく、目標さえ持たない支出は愚の骨頂、
(4) 経済の回復に最も必要なのはイノベーション(翻って腐った産業や企業に防腐剤を入れるような資金投入はするべきではない)、

という意見を持っている。

 こうした持論も、派遣切りが社会問題化し、世界を代表するブランドのような企業の収益も軒並み悪化、2008年10~12月期の実質成長率は年率換算で2ケタのマイナスという状況の中では、恐らく少数派で、異端視さえされると思っていた。

2つの選択を投げかけてみた

 しかし、聴衆の反応を見ると、意外とそうでもない。賛同してくださる方もかなりいらっしゃることに勇気づけられた。特に多くの経済学者が決して数字一辺倒ではなく、生活の質に高い関心を持っていることを印象深く受け取った。

 3つの講演会の中で、筆者は聴衆にこれからの国家の目標を次のどちらにするか聞いてみた。

 1つは、「GDP(国内総生産)で中国に抜かれないように必死で働き、世界第2位の経済力を死守する」。

 もう1つは、「自殺者、老人の孤独死、未成年の家出をゼロにする社会を構築する(言い換えると誰にも愛されず、社会の中で無視されているような人々を撲滅する)」。

 2つのうちどちらに国民がついてくるでしょうかという質問を投げかけた。

コメント4

「神谷秀樹の「日米企業往来」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官