• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

[25]新型インフルエンザに克つマスク

最後の砦でウイルス撃退

2009年5月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

>>シリーズの概要はこちら

画像のクリックで拡大表示

 日本臨床内科医会でインフルエンザ研究班特別顧問を務める柏木征三郎氏が発売を心待ちにしているものがある。ベンチャー企業のクロシード(福岡県飯塚市)が早稲田大学大学院先進理工学研究科の並木秀男教授などと共同で開発した「抗体マスク」だ。外見は何の変哲もない使い捨てマスクだが、厚さ1mmにも満たないフィルターの中身に秘密が隠されている。

 「H5N1型」と呼ばれる鳥インフルエンザウイルスが、鳥類の間で流行している。このウイルスが人から人に感染しやすい新型インフルエンザウイルスに変化すると、世界的大流行(パンデミック)が起きると懸念されている。医療機関に患者が押し寄せる事態も十分あり得るが、医師や入院患者への感染を恐れて「診療拒否も選択肢」と公言する医師も少なくない。

 新型インフルエンザはこれまで流行したどのインフルエンザよりも毒性が強い。予防の柱となるワクチンも課題を残す。極論すれば、徒手空拳で医師は患者の列と向き合わなければならない。だからこそ柏木氏は、大きな感染予防効果が見込める抗体マスクに期待を寄せる。ウイルスが蔓延する医療現場で医療従事者の生命を守ってくれると信じているからだ。

コメント2件コメント/レビュー

 凄い技術 !もっと宣伝してください。  ところで、花粉症にはどのぐらい効くでしょうかね…(2009/05/15)

「イノベーティブな技術 厳選40」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 凄い技術 !もっと宣伝してください。  ところで、花粉症にはどのぐらい効くでしょうかね…(2009/05/15)

>>ダチョウの卵は鶏卵より30倍も大きく、生産効率が高い。<< ダチョウの卵でワクチンを効率生産、という話をよく聞きますが、1・ダチョウがタマゴを産む周期はどの程度ですか?(ニワトリはほぼ毎日ですが) 2・ダチョウを飼育するために必要な環境・面積はニワトリとどの程度の差がありますか? 3・そもそもの飼育数の差は? という疑問があり、根本的にタマゴの入手の問題という面から到底効率的とは思えないのですが…その点はどうなのでしょうか。(2009/05/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長