• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

1時間の仕事を30分で終わらす“分身”の術

仕事に“スピード違反”なし

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2009年5月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここ何年、業績優秀な企業を見ていて、つくづく感じることがあります。「リーダーの行動が速い」ということです。

 これだけ変化が激しく、競争の厳しい時代では、いかにリーダーが組織の速度を上げられるかが命運を決します。

 チームの速度はリーダーの速度とほぼ比例関係にあります。リーダーの行動が遅いのに、チーム全体の取り組みが速いということはまずありません。逆もまた真なりで、リーダーに素早さがあれば、チーム全体はその勢いにつられていくものです。

 人の行動速度を決める前提要素として、「スピード感」の度合いがあります。スピード感とは、「どのくらいのスピードをよしとするか」という感覚のこと。仕事を完成させるのに1カ月が適当か、1週間で十分か、はたまた3日もあればやりきれると感じるか、そのセンスが問われるわけです。

 リーダーのスピード感は、チーム全体のスピード感に影響し、チームの実際のスピードを決定します。ひとつの仕事をやり遂げるまでのスピードが遅いようだと、少なくとも昨今のビジネスシーンでは、リーダーを務めることは難しいでしょう。

 リーダーはスピード感を上げ、実際の行動を速める必要があります。その感覚をチェックするため、次の質問に答えてみてください。

自分のスピード感は、他人と比べて速い方だと思いますか?
上記の質問について、自分のスピード感をジャッジしたときの基準は、誰に置きましたか? 尊敬する上司? 社外の知人? 著名人?
スピード感は常に一定していますか? 変動がありますか?
ここ数年でスピード感は上がりましたか? 下がりましたか?
意識的にスピード感を上げようとしたことがありますか?
自分のスピード感が上がると、現在のチームにどんな影響があると思いますか?

他社が1年かかることを1カ月でやり遂げる

 私が社会人になったのは、バブル崩壊直前の1991年4月です。1社目として入った会社の管理職層や経営層のことを思い出してみると、現在の社会全体の標準的なスピード感と比べて、彼らの行動はそれほど速いものではなかったという気がします。中には、とてつもなく迅速な行動をとる人もいましたが、全体としてはどこかゆったりとした雰囲気があった。そういう時代だったのでしょう。

 それから18年。私を新入社員として迎えたその会社は、いまの私どもの会社のお客様となっています。なので、現在のその会社の管理職層や経営層のスピード感を見てとることができるわけですが、18年前に比べれば、全体の行動はかなり速くなっていると思います。

 この会社だけでなく、おおむねどの企業も20年前と比べれば、いまの経営陣あるいは会社全体のスピード感は相当速いものになっているはずです。そうでないと生き残ることができない時代ですから。

 ただ、どのくらいのスピードをよしとするかの感覚は相対的なものですから、やはり行動が速い会社も、遅い会社もあります。

 以前、創業して間もない頃の楽天に伺ったことがあります。会社の壁に掲げてあったポスターが、鮮烈な印象を私に残しました。

コメント4件コメント/レビュー

この記事で書かれている「スピード」とは別に、リーダーには取り掛からせる時期の「早さ」も考えたいもの。能力がないリーダーほど自分の決断に時間を浪費して、結果として「締め切り」に間に合わせるために部下に「スピード感を持て」などと言い出す。そうした部下は「スピード感」と「やっつけ仕事」の区別がつかないようになるのも当然のことだろう。(2009/05/14)

「鈴木義幸のリーダーシップは磨くもの、磨けるもの」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事で書かれている「スピード」とは別に、リーダーには取り掛からせる時期の「早さ」も考えたいもの。能力がないリーダーほど自分の決断に時間を浪費して、結果として「締め切り」に間に合わせるために部下に「スピード感を持て」などと言い出す。そうした部下は「スピード感」と「やっつけ仕事」の区別がつかないようになるのも当然のことだろう。(2009/05/14)

この記事で書かれている「スピード」とは別に、リーダーには取り掛からせる時期の「早さ」も考えたいもの。能力がないリーダーほど自分の決断に時間を浪費して、結果として「締め切り」に間に合わせるために部下に「スピード感を持て」などと言い出す。そうした部下は「スピード感」と「やっつけ仕事」の区別がつかないようになるのも当然のことだろう。(2009/05/14)

殆どの仕事は、少し足りないマンパワーで何かしらの制約があった上で進めていくものですから、砂利道を自転車ですむ様なものです。ただ、同じ条件で進むのなら、スピードがでていた方がより安定しますね。ゆっくり漕いで進む自転車ほど危ないものはありません。左右にふらふらするし、ちょっとした段差の抵抗で止まってしまう。老人の自転車運転が危ないのは殆ど場合、安定して走れるスピードが出てないからです。スピードを保つには一定の筋肉と、反射神経、判断量が必要ですから、船頭が多いのはマイナス。物事を素早く進めるには、結局一人の判断。(アドバイザーは居ても良いでしょうが)民主主義政治は、判断に関わる人が増えるほどもどかしさが増します。リーダとは、判断する人=責任を負う人ですが、同時にスピード保つことで安定を生み出す人でなければならない。ということだと思います。(2009/05/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員