• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第5話】ダメ上司との上手なつき合い方

2009年5月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「上司」を巡る理想と現実

 今年春から新社会人となった994人を対象に、明治安田生命が行った「理想の上司」についての調査。「男性上司」部門で栄えある1位に輝いたのはシアトル・マリナーズのイチロー選手、「女性上司」の1位には女優の真矢みきさんが選ばれたのだそうです。

 それぞれタイプは異なりますが、テレビ画面を通して受ける印象からは、どちらも「頼もしい」という形容がよく似合います。自己をしっかり持っていて、ピンチの時でも冷静さを失わず、的確な判断で部下をぐいぐいリードしてくれる――新入社員の若者たちは、そんな頼りがいのある姿に憧れを感じるのでしょう。

 ただしこれは、あくまでも「理想の上司」についての話。現実世界に目を転じれば、そんな理想的な上司の下で働く幸運に恵まれた人は、さほど多くはないのかもしれません。

 当コラムでは過去3回(第2話から第4話)にわたって、「部下のやる気をどう引き出したらよいか」という問題に向き合ってきました。今回のコラムはがらりと視点を変えて、上司に関する問題に目を向けてみたいと思います。

 おそらくこのコラムは、誰かの上司であると同時に、誰かの部下でもあるという立場の方が多くお読みくださっているはずです。「なかなか育たない部下には手を焼いているが、それ以上に“目の上のタンコブ”の上司もどうにかしてくれ!」と心の中で叫んでいる読者諸兄のお悩みについて考えていくことにしましょう。

会社は選べても、上司は選べない

 まずは、【プロローグ】リーダーとは「できる・できた人」であるに寄せられたこんなコメントから。

 (Hさんの悩み)

私の場合は、いわば、中間管理職です、愚痴になりますが、何時も、板挟みのような気がします。部下の中に、1人、いわゆる人罪がいます。今は放置状態です(くっついて育つ暇がないです)。それ以外に、私と同じ立場の管理職の先輩がいます。守りの強い方です。いろいろ試みをしましたが、なかなか巻き込んで、仕事することができません。たまに、先輩の立場を利用して、こちらの提案などを陰で上司にダメだしすることも。この2人には、本当にもうお手上げ状態です。何かアドバイスいただけないでしょうか?

 ビジネスマンは通常、会社を選ぶことはできても、上司を選ぶことはできません。あなたがどういう上司の下で働くかは、ひとえに会社のご意向次第です。自分の意志で選んだわけでもない上司と、良くも悪くも関わりながら生きていくのですから、ビジネスマン人生とはつくづく不思議なものです。

 ……と、悠長なことばかりも言っていられませんね。このコラムをお読みの方の中には、Hさんのように、悩ましい上司と部下の「板挟み」になってしまっている方も少なくないはずです。他人の苦労話を聞いていられるうちは「それはかわいそうに」で済ませられますが、自分の上司が困り者というのでは洒落にもなりません。部下であるあなたを適切にリードできていないにもかかわらず、自席にふんぞり返って爪をパチパチ切っているような上司は、見ているだけでやる気が萎えるというものです。

 今でこそ、偉そうにこんなコラムを書いている私ですが、半世紀に及ぶ私のビジネス人生でも、「ハズレくじの上司」を引き当ててしまった経験はあります。朝起きて「今日は会社に行くのが苦痛だなぁ」と思ってしまうような時期はたいてい、とんでもない上司を持った時でした。逆に、「毎日が充実していて楽しいし、仕事の実力もアップしてきたぞ!」と思える時期は、例外なく良い上司に恵まれた時だったと断言できます。

ビジネスマンの幸せの80%は上司との関係で決まる

 一般に、ビジネスマンの幸せの80%以上は、(直属の)上司との関係で決まると言われています。

コメント5件コメント/レビュー

駆け出しの管理職でまだ部下はいませんが、いずれはリーダーになりたいと思っています。最近特に、上司との距離を感じています。上司は部門長で、私以外の部下は全員が部長或いは課長職。多忙で自席にいることは少なく、連絡等は殆どメールベースです。私の仕事は自由度があり自分なりに考えて進めていますが、行き詰まりを感じたときにすぐに相談できないのが悩みです。先日、数少ない直接対話の時間に思い切った提案をしてみましたが、明確な回答が得られず悶々としています。上司を始め職場の先輩管理職の方々とどうコミュニケーションを図っていくか、記事を参考にしながら考えています。(2009/05/14)

「リーダーのための“新”武士道 伝説の外資トップがあなたのメンターになる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

駆け出しの管理職でまだ部下はいませんが、いずれはリーダーになりたいと思っています。最近特に、上司との距離を感じています。上司は部門長で、私以外の部下は全員が部長或いは課長職。多忙で自席にいることは少なく、連絡等は殆どメールベースです。私の仕事は自由度があり自分なりに考えて進めていますが、行き詰まりを感じたときにすぐに相談できないのが悩みです。先日、数少ない直接対話の時間に思い切った提案をしてみましたが、明確な回答が得られず悶々としています。上司を始め職場の先輩管理職の方々とどうコミュニケーションを図っていくか、記事を参考にしながら考えています。(2009/05/14)

海外の現地法人で日本人が数人の会社に勤務しています。私の上司はリーダーシップがない上にコミュニケーションが下手で、現地の従業員から批判されています。それでも私なりに精一杯そんな上司を励まし支えてきたつもりなのですが、理解してくれていないことが最近わかり、信頼関係が一気に崩れてしまいました。こんな風に上司不信に陥っている場合、信頼関係を取り戻すことは可能なのかとても不安に感じています。(2009/05/12)

最高!(2009/05/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長