• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

[30]ワイヤレス電源

家電から電源コードが消える

2009年5月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

>>シリーズの概要はこちら

 およそ15年前の1990年代半ば、電話機から通信ケーブルが消え、どこにでも持ち歩けるようになり始めた。10年前には、パソコンからも通信ケーブルが消え始め、仕事や生活の環境が様変わりした。そしてついに、最近になって電源コードさえも不要にする技術が登場した。

 開発したのは、米マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology、MIT)の研究者であるマリン・ソーリャチッチ氏。同氏はこの技術を2006年に開発し、「Witricity(wirelessとelectricityを合わせた造語)」と名づけた。携帯電話のように基地局から数百mも離れて使うことはできないものの、数十cmから数m離れた「アンテナ」間で、数十W~数百Wの電力を比較的高い伝送効率を保ちながら、しかも理論的には人体に安全に伝送できる。

 実用化できれば、携帯電話などと同様かそれ以上に、私達の生活を刷新する可能性がある。例えば、アンテナとなる大型コイルの一種を天井に埋め込むことで、その部屋内にあるほとんどの家電への給電がワイヤレスでできるようになる。携帯電話機やパソコンはもちろん、炊飯器、扇風機、照明機器、こたつ、掃除機など多くの家電製品の電源コードが不要になるだろう。もちろん、可能性は屋内に限らない。道路にアンテナを並べて埋め込むか、あるいはパンタグラフのように空中につるせば、走行中の自動車やバスにも給電可能になる。

米インテルが2008年8月に「Intel Developer Forum Fall」で披露したワイヤレス電源の装置。MITの技術を基に、米インテルと米ワシントン大学(University of Washington)が共同開発した。数十cm離れたアンテナに75%の効率で電力を伝送し、60Wの電球を点灯できるという。

コメント6

「イノベーティブな技術 厳選40」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長