• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いまの働き方に、満足していますか?

2009年5月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 おはようございます。1週間ナビゲーターをさせていただきましたが、今日が最終日になりました。

 昨日「男の生き方を変えませんか」というテーマにしたので、予定では今日は「女の生き方」について書くつもりでした。女性の働き方というテーマは、わたしのライフワークでもあるからです。

 しかしよく考えると、女性の働き方を考えるということは、そのまま男性の働き方を考えることでもあります。そこで最終日の今日は、男女に限らず「働くこと」について、何本かの記事を通じて考えてみたいと思います。

 最初にご紹介するのは、心に届くCMは「ご縁」から生まれる

 このテレビCMは、わたしもずっと気になっていました。このCMをつくったプロデューサーの森本千絵さんは「企画のプレゼンテーションを、客に出すお茶に例えた」そうです。つまり、仕事は「おもてなし」と同じだというのです。そして、森本さんの会社の名は「goen゜(ご縁)」。

 確かに仕事というのは、人とのおつき合いあってのもの。相手と知り合ったこともご縁だし、それを大事にしながら働いていくというのは、仕事の本質なのかもしれません。

 働き方というのは、人によって様々です。昨日掲載した記事「上司を窓際に追いやった、僕の小さなウソ~上手な“ズル休み”のススメ~」は、燃え尽きて病気になったり人に迷惑をかけたりする前に、「ズル休み」をすることでストレス発散をしよう、という提案でした。

 これに対して、多くの方からコメントをいただきました。「そういう方法があったのか、と思いました」「ズルして休まなければいけないのは、おかしい」など、ご意見は様々。「真面目に働く」ということも、人によって温度差があるのだと感じました。

 その中にのようなコメントもあったので、ご紹介します。要約するとこういうものです。

 「私の会社ではワークライフバランスを推進していますが、この言葉には嫌悪感を感じます。私にとってはワークとライフには境目がなく、どちらも同じ“人生の仕事”だからです。会社で仕事をしていても家族のことを考えますし、休日に仕事のことを考えることもあります。ワークライフバランスをとれ、というのはナンセンスではないでしょうか」

 実はわたしも、このご意見に共感するところがあります。以前、「本当のワークライフバランスって何?」という記事を書いたことがありました。

ワークライフバランスをはじめ、働き方に関する考え方は一人ひとり違うということではないでしょうか。

コメント0

「30秒で読める日経ビジネスオンライン」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長