• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第6話】ダメな人間の10パターン

2009年5月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回のコラムはまず、ちょっとしたテストから。次の10の質問に答えてみてください。

 いかがですか? あなたは「YES」にいくつチェックがついたでしょうか。

失敗している人は、なぜ失敗しているのか?

 成功している会社はなぜ成功しているか。
 成功するようにやっているからだ。
 失敗している会社はなぜ失敗しているか。
 失敗するようにやっているからだ。

 「なにをそんな当たり前のことを」と思われましたか? いやいや、聞き流す前にもう一度かみ締めてみてください。これは、故・松下幸之助氏の言葉です。

 正しいことをやれば自ずと正しい結果が出る。一方で、間違ったことをやれば必ず間違った結果が出る――上に引いた“経営の神様”の言葉はごくシンプルなものですが、普遍の真理を突いた名言と言えるでしょう。

 この言葉を人間に当てはめると、「成功している人はなぜ成功しているか。成功するようにやっているからだ。失敗している人はなぜ失敗しているか。失敗するようにやっているからだ」ということになります。

 私はこれまでのビジネス人生で、実に様々な方々に出会ってきました。その過程で得た、素晴らしい「人生の成功者」からの教えは何物にも替え難い財産ですが、その一方で、「人生の失敗者」からも少なからぬ教訓を得てきました。実は、冒頭に掲げた10のチェック項目はいずれも、私が「人生の失敗者」にありがちだと思う特徴なのです。

 そこで今回のコラムは、いつもとは少し趣向を変えて「悪い例」から学んでいくことにしましょう。名づけて「ダメな人間の10パターン」。あなた自身のセルフチェックの意味も込めておつき合いください。

ダメな人その1――自分はダメだと思っている人

 人は思った通りの自分に近づく、と言われます。「オレは運がいいなぁ」と思っていれば本当に強運の持ち主のような気がしてくるし、「私は雨女に違いない」と思っていると大切な約束の日にはなぜか決まって雨が降るように思えてしまう。良くも悪くも人間は、半分以上は錯覚の動物なのです。

 これと全く同じ理屈で、「自分はダメだダメだ」と思っていると、本当にダメな人間になってしまいます。肩が下がり、俯き加減で、言うことに自信も迫力もなく、まるでこの世の終わりのような暗い表情…。そんな人のところに喜んで近寄ってくる人はまずいません。

 この状況を打開するには、虚勢でもいいから、少し胸を張って「自分はデキる!」と自己暗示をかけることです。英語には“Perception is reality.”(認識は実体なり)という表現があります。「自分はデキる!」という自己認識を持ってそれなりの努力を続ければ、自然と実力が伴ってくるものです。

ダメな人その2――すぐに諦める人

 何にでも興味を持って手を出すけれど、何をやっても三日坊主で諦めてしまう人がいます。残念なお知らせですが、こういう人はほとんどの場合、うまくいきません。

コメント19

「リーダーのための“新”武士道 伝説の外資トップがあなたのメンターになる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。

大村 禎史 西松屋チェーン社長