• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第6話】ダメな人間の10パターン

2009年5月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回のコラムはまず、ちょっとしたテストから。次の10の質問に答えてみてください。

 いかがですか? あなたは「YES」にいくつチェックがついたでしょうか。

失敗している人は、なぜ失敗しているのか?

 成功している会社はなぜ成功しているか。
 成功するようにやっているからだ。
 失敗している会社はなぜ失敗しているか。
 失敗するようにやっているからだ。

 「なにをそんな当たり前のことを」と思われましたか? いやいや、聞き流す前にもう一度かみ締めてみてください。これは、故・松下幸之助氏の言葉です。

 正しいことをやれば自ずと正しい結果が出る。一方で、間違ったことをやれば必ず間違った結果が出る――上に引いた“経営の神様”の言葉はごくシンプルなものですが、普遍の真理を突いた名言と言えるでしょう。

 この言葉を人間に当てはめると、「成功している人はなぜ成功しているか。成功するようにやっているからだ。失敗している人はなぜ失敗しているか。失敗するようにやっているからだ」ということになります。

 私はこれまでのビジネス人生で、実に様々な方々に出会ってきました。その過程で得た、素晴らしい「人生の成功者」からの教えは何物にも替え難い財産ですが、その一方で、「人生の失敗者」からも少なからぬ教訓を得てきました。実は、冒頭に掲げた10のチェック項目はいずれも、私が「人生の失敗者」にありがちだと思う特徴なのです。

 そこで今回のコラムは、いつもとは少し趣向を変えて「悪い例」から学んでいくことにしましょう。名づけて「ダメな人間の10パターン」。あなた自身のセルフチェックの意味も込めておつき合いください。

ダメな人その1――自分はダメだと思っている人

 人は思った通りの自分に近づく、と言われます。「オレは運がいいなぁ」と思っていれば本当に強運の持ち主のような気がしてくるし、「私は雨女に違いない」と思っていると大切な約束の日にはなぜか決まって雨が降るように思えてしまう。良くも悪くも人間は、半分以上は錯覚の動物なのです。

 これと全く同じ理屈で、「自分はダメだダメだ」と思っていると、本当にダメな人間になってしまいます。肩が下がり、俯き加減で、言うことに自信も迫力もなく、まるでこの世の終わりのような暗い表情…。そんな人のところに喜んで近寄ってくる人はまずいません。

 この状況を打開するには、虚勢でもいいから、少し胸を張って「自分はデキる!」と自己暗示をかけることです。英語には“Perception is reality.”(認識は実体なり)という表現があります。「自分はデキる!」という自己認識を持ってそれなりの努力を続ければ、自然と実力が伴ってくるものです。

ダメな人その2――すぐに諦める人

 何にでも興味を持って手を出すけれど、何をやっても三日坊主で諦めてしまう人がいます。残念なお知らせですが、こういう人はほとんどの場合、うまくいきません。

コメント19件コメント/レビュー

少しでも思い当たることがあればという基準で答えてみたところ6つYESでした。自分は目の前のことに一生懸命になりたいタイプで、自覚しつつもどうしても視野狭窄なりがちで、社内の先輩や上司は悩みの相談相手というよりも指導教官か反面教師という風情ですし、立場によって話し方を変えるのは当然と思いますし、友人も広く浅くよりは少数でも価値観の合う人と深くつきあいたいと考えているので、なかなかNOになりませんでした。YESが多くなってしまったのは、半分くらいは質問の主旨への理解がずれていたためかもしれません。一読させて頂いて、経験と照らし合わせて「なるほど」と思ったのは、自分に自信をもって自己研鑽する姿って、やはり周りは魅力的に映るんだなぁということです。自分でも気恥ずかしくなるくらいモテた時期がありました。自信過剰になってはいけないと思い、大人しくしたら、本当に自信も無くなって来て、気がついたら元の木阿弥。芸能人じゃあるまいし、これで良かったんだと自分に言い聞かせる反面、必要以上に自信(自尊心)を失ってはいけないんだなぁと改めて思いました。(2009/06/10)

「リーダーのための“新”武士道 伝説の外資トップがあなたのメンターになる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

少しでも思い当たることがあればという基準で答えてみたところ6つYESでした。自分は目の前のことに一生懸命になりたいタイプで、自覚しつつもどうしても視野狭窄なりがちで、社内の先輩や上司は悩みの相談相手というよりも指導教官か反面教師という風情ですし、立場によって話し方を変えるのは当然と思いますし、友人も広く浅くよりは少数でも価値観の合う人と深くつきあいたいと考えているので、なかなかNOになりませんでした。YESが多くなってしまったのは、半分くらいは質問の主旨への理解がずれていたためかもしれません。一読させて頂いて、経験と照らし合わせて「なるほど」と思ったのは、自分に自信をもって自己研鑽する姿って、やはり周りは魅力的に映るんだなぁということです。自分でも気恥ずかしくなるくらいモテた時期がありました。自信過剰になってはいけないと思い、大人しくしたら、本当に自信も無くなって来て、気がついたら元の木阿弥。芸能人じゃあるまいし、これで良かったんだと自分に言い聞かせる反面、必要以上に自信(自尊心)を失ってはいけないんだなぁと改めて思いました。(2009/06/10)

30女性です。かなり納得させられました。ただ、ビジネスの成功=人生の成功というわかではないですし、成功や失敗で物事を図るのにはちょっとやるせなさを感じます。いわゆる格差社会を精神面にも持ち込まれるときついです。心に勝ち負けはあってはならないと思っています。(2009/06/05)

参考になりました。日々目標に向かい、自己啓発に努めよ・・・と、叱咤された気分です。Yes・Noについては、気になる結果ではありませんでしたが、だだの営業マンでは、老い先短いゾ! 生涯生活設計、生涯労働設計、生涯遊興設計・・・色々な目標や、計画をいかに達成するか、友人・知人は、ただの友人・知人か、心の友か、師か、考えさせられるし、自分もそろそろ【師】の立場になっていく年齢。若くとも、老いても、心・技・体の充実が無ければ、人生そのものが朽ちていく。改めて(回帰学得)を覚えました。(2009/06/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長