• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

[37]燃料電池車

利便性は向上、課題はコスト

2009年6月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

>>シリーズの概要はこちら

 2010年に10万台――。経済産業省が2006年に作った燃料電池車の目標普及台数だ。2008年は100台未満と目標の達成は非常に難しい。期待されながらも、なかなか普及できる状況になっていないのが燃料電池車である。

 燃料電池車とは、水素と酸素の化学反応によって発生する電気を利用して走行する自動車。走行時には二酸化炭素(CO2)を排出しないため、究極のエコカーだと言われている。

 最も盛り上がったのが2002年だ。トヨタ自動車とホンダが首相官邸に燃料電池車を納めた。納車式における両社首脳と小泉純一郎総理大臣(当時)の表情には、今にも普及しそうな明るさがあった。

 だが、各論に入っていくと次々と課題が明らかになっていく。まず、水素インフラの整備が進まない。国が水素ステーションを建設したが、まだ10カ所ほどで利便性が悪い。逆に言うと、燃料電池車が普及していないのに、水素ステーションを整備する必要がないのが現状だ。

 一方、燃料電池車は従来の自動車と比べると完成度が低い。1回の水素供給当たりの走行距離が、一般の自動車並みの500キロメートルまで届かなかった。また、電気を発生させる心臓部「スタック」が大きいために、部品のレイアウトに制約があり、各社が同じようなデザインの燃料電池車を作っていた。

エコでもデザイン性を高める

 ブームは下火になったとはいえ、地道に研究開発を続けるメーカーが、こうした課題を解決しつつある。

 先頭に立っている1社がホンダだ。2008年に2代目の燃料電池車となる「FCXクラリティ」を発売。日米でリース販売を始めている。

画像のクリックで拡大表示

コメント5件コメント/レビュー

600kmというのは合格である。しかし量産できない車はエコには関係ない。 さらに馬鹿高い車は消費者が見向きもしない。 真面目にターゲットをもって消費者が利用できそうなものを紹介して欲しい。 当面ハイブリッドでコストダウンをして貰えばよい。(2009/06/19)

「イノベーティブな技術 厳選40」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

600kmというのは合格である。しかし量産できない車はエコには関係ない。 さらに馬鹿高い車は消費者が見向きもしない。 真面目にターゲットをもって消費者が利用できそうなものを紹介して欲しい。 当面ハイブリッドでコストダウンをして貰えばよい。(2009/06/19)

今日のNHKでやっていましたが、電気自動車は、製造過程でのコストは低いのですが、充電やら、維持にコストがかかるみたいですね。でも、風力発電や、太陽光発電を取り入れた自動車も作れるといっていました。今後は、電気自動車に大きな期待が膨らんでいくと思います。電気自動車そのものを家電と称し、もしくはインテリアと化す、新たな考え方の便利なものになっていくと思っています。(2009/06/08)

燃料電池は、究極の電力供給装置になると思っています。特に自動車に関して言えば、ハイブリットは、内燃機関を併用しており、完全な脱炭素とは言えません。電気自動車は、プラグインにしても充電時間の短縮に限界があると思うのです。燃料電池は、水素の供給に天然ガスを使えば、現在のガソリンスタンドの改良で済ますことが出来ますし、ガスの供給時間も現在のガソリンと殆ど変わらないと思います。一回の燃料供給で800km走れば、現在の自動車より優れているのではないかと思います。国を挙げて応援し、世界をブッチギってリードできる産業史する必要があるのではと思います。(2009/06/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長