• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「目の前の仕事に全力を尽くせば、やるべきことは見えてきます」

2009年6月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「自分の目標が見つからない」「今、何をやるべきなのか分からない」と思い悩んでいる人は少なくないですよね。私はそんな社員を見つけると、「先のことを思い悩む暇があったら、どんどん行動しなさい!」といつもアドバイスしているんです。

 実は、私自身、大きな目標を持ったことがありません。昔から目標を立てるとか、計画的にやるとか、どうも苦手みたいなんですね。それに、世の中の状況はどんどん変化しますから、目の前の仕事を無我夢中でやってきました。

 すると不思議なことに、立派な目標やビジョンがなくても、自然と次にやるべきことが見えてくる。そのやるべきことをクリアすると、またその次にやるべきことが見えてきて……。これをずっと繰り返してきたのが私の人生なんです。

 私の顔をテレビショッピングの番組で知った方も多いと思いますが、ジャパネットたかたはテレビ以外にも、ラジオやインターネット、カタログ、新聞折り込みチラシなどで通販を展開しています。

悩みたくても悩む暇がなかった

ジャパネットたかたの前身、「たかた」

 でも、今から二十年数年前に創業した時、今のようなマルチメディアを活用するビジネスモデルなんて想像したことすらありませんでした。

 スタートは小さなカメラ店で、店も小さく、十数人の社員とともに必死で働いていました。遠い将来の目標なんて悩みたくても悩む暇もありません。でも、会社の経営が回り出すにつれて、小さな“やるべきこと”ができました。

コメント4

「ジャパネットたかた 高田明の「想いが伝わればものは売れるんです」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長