• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アメ車と葉巻が似合う経営者

  • 日経ビジネスオンライン編集部

バックナンバー

[1/1ページ]

2009年6月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント2件コメント/レビュー

クライスラー時代のアイアコッカを語る時、当時破綻したクライスラーを買収したトラシンダ・コーポレーションのカーク・カーコリアンについて論じなければ、ラーメンの焼豚をフォアグラだと語る様なものだ。カーコリアンがアイアコッカにクライスラーの再建を託したのは、将来のクライスラーの売却額を吊り上げるのが目的だった。クライスラーとダイムラー・ベンツの合併で、カーコリアンは莫大な利益を享受した。フォード時代のアイアコッカが遺した最大の遺産は、腹心ハル・スパーリックと誕生させたフォード・フィエスタ(英・独フォード)だ。ヘンリー・フォード二世会長の反対を押切って誕生したフィエスタは成功した。然しフォード二世はそれを解任理由にした。今フィエスタの販売は好調だ。70年代クライスラーは英ルーツと仏シムカ(50年代フィアットから買収)を倒産させ弱体化した。アイアコッカはクライスラーで、マスタングやフィエスタの様なヒット作を誕生させていない。単に、クライスラーを赤字を出さない企業に蘇生したに過ぎない。米国自動車産業界を軽視してはならない。(2009/06/10)

オススメ情報

「30秒で読める日経ビジネスオンライン」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

クライスラー時代のアイアコッカを語る時、当時破綻したクライスラーを買収したトラシンダ・コーポレーションのカーク・カーコリアンについて論じなければ、ラーメンの焼豚をフォアグラだと語る様なものだ。カーコリアンがアイアコッカにクライスラーの再建を託したのは、将来のクライスラーの売却額を吊り上げるのが目的だった。クライスラーとダイムラー・ベンツの合併で、カーコリアンは莫大な利益を享受した。フォード時代のアイアコッカが遺した最大の遺産は、腹心ハル・スパーリックと誕生させたフォード・フィエスタ(英・独フォード)だ。ヘンリー・フォード二世会長の反対を押切って誕生したフィエスタは成功した。然しフォード二世はそれを解任理由にした。今フィエスタの販売は好調だ。70年代クライスラーは英ルーツと仏シムカ(50年代フィアットから買収)を倒産させ弱体化した。アイアコッカはクライスラーで、マスタングやフィエスタの様なヒット作を誕生させていない。単に、クライスラーを赤字を出さない企業に蘇生したに過ぎない。米国自動車産業界を軽視してはならない。(2009/06/10)

アイアコッカ、ええ覚えていますよ。日本車をハンマーで叩いていましたね。叩くべき品質の車はほかにあったのにねえ。今のクライスラーの繁栄をまねいた中興の祖ですね。//(2009/06/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私自身もブラックベリーとともに育った人間。そんな会社がそのまま消滅するのを見たくなかった。

ジョン・チェン カナダ・ブラックベリーCEO