• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラフォーと一過性お祭り騒ぎ症候群

――「大阪万博」跡地に見る無惨なニッポン

2009年6月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 突然ですが読者の皆さん、あなたは今おいくつですか?

 人に年齢を聞くだけ聞くのは失礼ですね。私は1965年1月27日生まれ。本稿執筆時点で44歳、誕生日が来ると45歳になる「東京オリンピック」の年に生まれた学年の世代です。

 今日のお話は「アラフォー」近辺の世代と、それより上、それより下で、大きく反響が異なる可能性があると思いまして、最初にこれをお伺いしました。声に出してお答えにならなくても結構ですので、ご自分の世代がどこに当たるか、お考えいただきながら読み進めていただければと思います。

 改めて、この「アラフォー」アラウンド・フォーティー、40歳前後を略して指す流行語ということで、ドラマのタイトルなどにも使われ、2007~08年頃から流布・定着した言葉のようです。これより先に「アラサー」30歳前後という言葉が流通、そこから派生して生まれた言葉で「経済的ゆとり」や「コダワリ」などを特徴とすると、ネットの流行語辞典にはありました。

 年代についてもう少し厳密に考えてみましょう。2008年に40前後というのを、仮に35歳から44歳という「四捨五入」で考えるなら、1964年から73年までに生まれた世代ということになります。そうやって考えると私自身が「アラフォー男」の最もトシを食った部類に属していることが、改めて分かります。

 ちなみに私が中学3年の時、お化け番組「3年B組金八先生」というドラマが流行りました。この時、私も中3B組でしたので「たのきんトリオ」とか杉田かおる、三原順子といった人々が私と同学年になるわけで、アラフォーの最年長はこのあたりと言うことができるでしょう。「アラフォー女・アラフォー男」は「男女雇用機会均等法第1世代」でもあるため、キャリアを積んで自立した女性が多い、などとも言われるようです。

 しかし「男女雇用機会均等法」などの文脈と別に、上のように西暦で書いてみると「アラフォー世代」は別の観点から捉えることが可能になるように思われるのです。

新幹線からオイルショックまで

 国際的な経済の観点から見ると、64年から73年という期間は「冷戦高度成長が頂点に達し、やがてオイルショックと変動相場制導入で国際経済が変質する」までの10年であったと言うことができます。

 64年、日本では新幹線が開通し、東京は首都高速がうねうねと走り回るようになり、オリンピックが開かれ、もはや戦後ではない高度成長が誰の目にも明らかになっていました。

 他方73年、日本はオイルショックによる物価の高騰を目の当たりにし、主婦はトイレットペーパーの買い占めに走り、戦後の固定レートは解消されて現在の変動相場制が導入されました。

 この間、安保を巡って学園紛争は盛り上がり、全共闘運動で大学は開店休業状態となり、そんなことは関係ないかのように大阪万国博覧会(大阪万博)は科学技術によるばら色の未来図を描き、三島由紀夫はそんな日本を憂いて市谷で蜂起し、しかし自衛隊員はさっぱり反応せず、その前で絶望した彼は割腹自殺を遂げ、連合赤軍は地下活動を続け、浅間山荘には鉄球がぶち込まれ、やがて凄惨な「内部総括」の実態も明らかになり・・・日本は様々に動いていました。

コメント6件コメント/レビュー

32歳地方公務員です。行政の中にいて感じることは、やはりイベント好きだと思います。首長の考えにも左右されますが、ぱっとしたハコモノをつくることも含めて(完成したら披露式典などもあります。)、長期的な価値よりも、目先の成果、人を呼ぶことを考えます。つまり、自分を誇示したいという感覚が強いのだと思います。また、住民の中でも、そういった目先の部分を重視する意識が強かったことも影響していると感じます。モノを言えない文化的価値・歴史的価値、そしてそれを維持するときのコスト、そういったことをしっかり説明できる人がでないと、私自身を含め、嘆くだけで終わってしまいます(自戒)。限りある資源・予算・人材をどう使うのか社会的な合意が必要ですから。(おやさん)(2009/06/16)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

32歳地方公務員です。行政の中にいて感じることは、やはりイベント好きだと思います。首長の考えにも左右されますが、ぱっとしたハコモノをつくることも含めて(完成したら披露式典などもあります。)、長期的な価値よりも、目先の成果、人を呼ぶことを考えます。つまり、自分を誇示したいという感覚が強いのだと思います。また、住民の中でも、そういった目先の部分を重視する意識が強かったことも影響していると感じます。モノを言えない文化的価値・歴史的価値、そしてそれを維持するときのコスト、そういったことをしっかり説明できる人がでないと、私自身を含め、嘆くだけで終わってしまいます(自戒)。限りある資源・予算・人材をどう使うのか社会的な合意が必要ですから。(おやさん)(2009/06/16)

「貴重な歴史資料」というのは具体的にどのようなものだったんでしょうか?その辺がもう少し詳しく書いてあるとよかったです。(2009/06/16)

アラフォー真ん中の共働き女性です。おっしゃるとおり、非常に社会に不信感と虚無感を感じています。思えば、小さな頃、ゴミがどこに消えていくのか不思議でした。世の中のさまざまな現象に疑問があったのですが、そういった難しい問題は、大人、特に頭がよく日本のTOPにいる政治家や官僚がちゃんと考えてくれているのだと信じていました。もちろん子どもの頃の話です。社会の全貌が見えてくるにつけ、なにも信じられないのだと確信を持つに至りました。しかし、わたし自身がたいした大人になれなかったため、そういった問題に対峙できる立場になく、現在に至っています。日本はどこに行こうとしているのでしょうか。あまりに問題が大きくなりすぎていて、なにから手をつければいいのかすらわからない状況です。(2009/06/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長