• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「俺はなんのためにこんなつらい仕事をしているんだろう」そう思ったら

ゼットン社長 稲本健一氏【2】

  • 奥原 剛,山中 浩之

バックナンバー

2009年7月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日々激務をこなしつつ、自らの体をマネジメントし、それを組織全体の健全さに結びつける工夫を、40代を中心とした若手経営者たちに聞く連載「体にいい経営術」。連載の第2クールは、自らトライアスロンに挑み、「いい身体」を創りあげたゼットン社長・稲本健一氏にお聞きする。

●前回はこちら→「リーダーは、逆境でランニングシューズを履く

 39歳でトライアスロンを始めた稲本氏。トレーニングを通じ、経営者としてのバランス感覚やアンテナが磨かれているという。しかし、トライアスロンを始める以前は、弱気になることも少なくなかった。どんな心境の変化があったのか。

――トライアスロンを始める前は、「会社をたたもう」と弱気になることが頻繁にあった、と。どんなことで悩んでいたんですか。

稲本 「人」の問題です。どの仕事でも人の問題はありますが、特に飲食業は人の問題の連続です。店長が突然辞める。育ったと思ったら独立しちゃう。信じていた仲間にお金を持って逃げられたこともありました。特に、僕らのように少人数のベンチャーが出店を重ねると、意思の疎通が難しい。それで信じられないようなトラブルが起きる。

 毎日ものすごくつらかった。「俺はなんのためにこんなつらい仕事をしてるんだろう」と、飯を食えないくらい悩んだこともありました。

週4日は「もうやめたい」

――年齢で言うと30代の後半くらいですね。

 ええ。4~5年前まではそんな調子だったんです。1週間のうちに3~4回は「もうやめたい」と思っていた。だけど、1週間に4~5回、「やっていてよかった」と思うことがあった。

――例えば?

 たわいないことですけどね。アルバイトの子が褒められているのを見たり、新しいメニューを食べてみたらおいしかったり、友達から「いい店だね」と言ってもらったり。毎週、「やってきてよかった」が「やめよう」より1、2回だけ勝っていた。

 だけど、このまま続けていって、いつか「やめたい」という気持ちが勝るときが来たら、と不安でしょうがなかった。いつも精神的にギリギリのところにいました。

――今は「やめたい」と思うことは。

 ありません。

――どんな変化があったんですか。

 もう本当に追い詰められて、追い詰められて、そしてある時、ふっと腹がすわったんです。

「オッケー、もう分かった。この仕事をやるかぎり、人の問題は一生ついてくる。だから、人の問題は、もはや問題だと思わないぞ」と。

 人の問題を避けようとしても、経営を、ましてや飲食業をやっているかぎり避けられるはずがない。人の問題は起きて当たり前なんです。引き受けるしかない。

 人の問題で悩み続ける覚悟ができたら、ズバーンと曇りが晴れました。

――ブッダみたいですね。「生は苦だ」と悟った。

 いやいやいや、そんな偉そうなものじゃないです。事実として、飲食業をやるかぎり、もっと言えば働くかぎり、人の悩みはなくならない。だったら「人のことで悩む覚悟をしよう」と。覚悟すれば、せめて向かい合える。逃げようとしなくなる。逃げられないものから逃げようとして、必要以上に苦しむんですから。

覚悟できる人、できない人の違いは?

――「逃げようとするから余計に苦しい」のは、頭では理解できます。しかし、「もう逃げないぞ、と覚悟したら楽になった」というところまで、本当に行けるものなのでしょうか。

 飲食業者の集まりで受ける相談も、人の問題がほとんどです。こう言っちゃなんですけど、やはり、みんな、逃げ腰です。

 だから僕はいつも言うんです。「飲食業をやるということは、人の問題で悩み続けるということですよ。飲食業をやりながら、人の問題で悩みたくないと言っても無理。だから悩み続ける覚悟をしましょう」と。

――覚悟できるかどうか、問題から逃げない気持ちはどうやったら持てるんでしょうね。「腹がすわる」と言いますから、覚悟ができているということは、頭だけの理解ではなく、頭の理解に「体がついていっている」状態なのかな。

コメント0

「同世代リーダーに聞く~「体にいい経営術」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長