• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

縮む市場で一人勝ちのハーレー

「ファンを作る販売店」が19年連続増収を支えた

  • 上田 隆穂,中野目 純一

バックナンバー

2009年6月27日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内の市場規模がピーク時の約6分の1にまで縮小──。こんな厳しい状況に置かれている製品があるのをご存じだろうか。

 その製品とは2輪車(オートバイク)である。2輪車の国内出荷台数のピークは1982年の約328万台。そこから長期にわたって出荷台数は減少し続けている。

 この間にバブル経済で空前の好景気が訪れたのに、その恩恵を受けることもなかった。2008年には、ついにピーク時の6分の1を下回る約52万台にまで落ち込んだ。

 そうした中、縮小し続ける市場とは対照的に、国内で新車の販売を増やし続けてきた2輪車メーカーがある。米ハーレーダビッドソンだ。

ハーレーダビッドソンの2輪車。一目でハーレーと分かる独特の形状も、ファンを魅了する要因の1つになっている

 ハーレーの日本法人、ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)によると、同社が設立された1989年以降、ハーレーの国内における新車登録台数は19年連続で増加している。2008年の新車登録台数は1万5698台。1989年の実績(2931台)の5倍を上回る数字だ。

中型以上の市場でシェア首位に立つ

 ハーレーが販売している2輪車は、排気量1000ccを超す大型車が中心。最小のモデルでも排気量は883ccある。751cc以上の大型車の市場では2000年からシェア首位に立つ。

 2008年の大型車市場でのシェアは36.3%と、2位以下の3倍以上のシェアを占めた。対象を400cc以上の中型車まで広げても、シェア1位(27.8%)の座は変わらない。251cc以上ではホンダに次いで2位(19.9%)につけている。

 販売の増加とともに業績も伸長。HDJは発足以来、19期連続で増収を記録している。

 昨年9月のリーマンショックを境に急速に悪化した景気の影響を受けて、販売台数は減少に転じたものの、「2009年1~5月の実績は、前年同期に比べて1ケタのマイナスにとどまっている」とHDJセールスプロモーション・広報部長の増田勝也氏は話す。

熱烈なファンを引きつけるハーレーの「質」

 ハーレーの2輪車の価格(メーカー希望小売価格ベース)は88万3000円~444万7000円。大半のモデルの価格は国産車の2倍程度と高い。一方で、走行性能は国産車の方が優る。

 にもかかわらず、本場の米国ならまだしも、並み居る国産メーカーのお膝元である日本市場で、ハーレーが「一人勝ち」しているのはなぜなのか。

コメント6件コメント/レビュー

何よりもバイクが好きなライダーとして言いたい。ハーレーが売れる理由云々よりも、なぜ国産の大型バイクがそれほど売れないのか。近所で30分も走ると確実にハーレーとすれ違います。国内メーカーはハーレーに負けていても平気なのか。私は車に全く興味がないので、車に転向もできない。フェラーリのみ例外だがそんな甲斐性はない。なんとかしてほしい。外車もいいが同価格でも故障の心配のない国産のほうが良いに決まっている。しかし最近思うことは、それは未来永劫無理だと思う。なによりも採算を最優先する国内メーカーにハーレーなどの外車を越えるバイクを作れるわけがない。メーカーもユーザーも国民性の違いゆえか。国内メーカーに一度取材してください。(2009/06/30)

「需要蒸発に勝つ価格戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

何よりもバイクが好きなライダーとして言いたい。ハーレーが売れる理由云々よりも、なぜ国産の大型バイクがそれほど売れないのか。近所で30分も走ると確実にハーレーとすれ違います。国内メーカーはハーレーに負けていても平気なのか。私は車に全く興味がないので、車に転向もできない。フェラーリのみ例外だがそんな甲斐性はない。なんとかしてほしい。外車もいいが同価格でも故障の心配のない国産のほうが良いに決まっている。しかし最近思うことは、それは未来永劫無理だと思う。なによりも採算を最優先する国内メーカーにハーレーなどの外車を越えるバイクを作れるわけがない。メーカーもユーザーも国民性の違いゆえか。国内メーカーに一度取材してください。(2009/06/30)

何人かの方が挙げているようにHDの日本での躍進はユーザーの志向が変わったことが大きな要因かと思います。それと「縮む市場と~」の表はHDJの本で使われていたりしますが、かなり恣意的といえます。市場縮小のほとんどが原付一種ですから。もちろんHDがシェアを伸ばしているのは間違いありませんが、750cc超でくくったらここまでにはなりません。(2009/06/30)

ハーレーに乗ってる人って、一般人から見たらちょっと怖いです。妙にマニアックな感じだしいい年して集団でバイク乗ってる。もちろん例外の方もいますが。暴走族は減りましたが、ハーレーが集団で道路走っているのも似たようなもんです。(2009/06/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授