• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“輝いて見える人”に2つの共通点

リーダーシップの連鎖反応を起こせ

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2009年6月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 リーダーシップが、いまこの瞬間発揮されているかどうかを、どこで見極めることができるでしょうか。

 当たり前と言えば当たり前ですが、やはりフォロワーが“動いている”かどうか。それが判断基準の一つです。フォロワーがまったく動いていなかったり、動きが鈍かったりすれば、リーダーシップが機能していないといえます。

 では、動いていればそれでいいのかというと、そうではありません。

実現したいことを協力者とともに

 フォロワーの行動がいくらスピーディでも、苦渋の表情を浮かべいやいや動いている、あるいは常に張り詰めながら不安な表情で動いているのであれば、「リーダーシップで」動かしたとはいえないでしょう。それは多くの場合、“権威”をかざし、行動しない場合はただではおかないという“恐怖”を予感させることでフォロワーを動かしているのです。

 リーダーシップで動かしている場合は、フォロワーが自発的に、いきいきと、表情豊かに動いているものです。言い方を変えれば、「真のリーダーシップはフォロワー一人ひとりのリーダーシップに火を灯していく」。

 そもそもリーダーシップとは何なのか。次のような一連のプロセスをたどることができてはじめて、その人にはリーダーシップがあると評されるのではないでしょうか。

実現したいことがあって
でも一人では実現できなくて
だからそれを実現するために周りの協力を仰いで
周りもまたそれを心から実現したいと思うようになって
全体が一つとなって実現したいことに向かって行動を起こして
それが実現する

 ひとまず実現する内容の大小は関係ありません。

パーティーを開いて楽しみたいと思って
もちろん一人では実現できなくて
友達を5人自宅に誘って
友達5人も心からパーティーを楽しみたいと思って
当日みんながパーティーを楽しむために思い思いの料理と“遊び”を持ち寄って
楽しいパーティーが実現する

 こんな内容だって、実現できたら十分なリーダーシップが発揮されているといえます。

 実現したいことがあって、協力者を集め、その実現に向かって人を動かす。これがリーダーシップと呼ばれるものです。それは誰か特別な人にだけ備わった能力では決してありません。すべての人の中に存在する力なのです。

コメント1

「鈴木義幸のリーダーシップは磨くもの、磨けるもの」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック