• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“適材適所が会社を強くする”を信じていませんか?

2009年7月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 どこの会社にも人事異動はあると思いますが、ジャパネットたかたはほかの企業に比べ、かなり頻繁に辞令が飛び交う組織だと思います。それは、私の方針でもあります。

 みなさん、なぜ会社は人事異動をするのだと思いますか?

「社員を適材適所に配置して、会社全体の力を高めるため」。なるほど、もちろんそれも目的の一つなのかもしれませんが、私はもっと大切な意味があると思っています。私が考える配置転換の最大の目的は、社員に成長してもらうことです。

 人が成長するためには、経験値を増やさねばなりません。一つのことに打ち込むことで経験を積むこともできますが、やはりいろいろなことに挑戦したほうが視野が広がるし、自分の進化を強く実感できます。

エースでも“畑違い”の部署へどんどん異動

 だから、その部署のエース級の人材であっても、どんどん“畑違い”の部署へ動かします。

 「電話応対コンクール」長崎県大会で優勝した受注担当の社員を、ラジオ通販番組のMC(話し手)に抜擢したり、メーカーさんとがっちり人脈を築いている商品バイヤーのプロを、顧客サービス部門へ移してお客様の声を分析させたり…。

 異動の話を初めて聞いたときは、本人も周囲も驚くこともありますが、どちらも彼らの成長を見込んでのことなんです。

ジャパネットたかたの本社オフィス(写真:尾関裕士)

 電話応対でそれだけお客様に想いが伝えられるのなら、ラジオという媒体を通してより多くのお客様にその想いを伝えてもらいたい、バイヤーはお客様の声を直に聞くことのできる最前線で経験を積んでほしい。そんな想いがそれぞれの辞令の中に込められています。

 私は全く違う部署に異動させることが、その人材にとってムダなことだとは全然思いません。むしろその部署で得た経験や知識を次の部署で生かすことができ、組織全体にも刺激が与えられます。「適材適所が会社を強くする」というのは必ずしも正解ではないのです。

 無茶な異動ばかりして業務に支障をきたさないのかって?

コメント4

「ジャパネットたかた 高田明の「想いが伝わればものは売れるんです」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師