• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Peace be with you!

  • 神谷 秀樹

バックナンバー

2009年7月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2006年4月から連載を開始したこの「日米企業往来」も今回で最終回となりました。

 先般、ある読者の方から「一日でも早く、日本が希望を持って生きられるような国になってほしい」というメールを頂戴し、考え込んでしまいました。

 私が日経ビジネスオンラインで書いてきた記事の多くは、老婆心の塊のようなものでした。それは事業家や投資家の人々に「こんな危険がありますよ。足をすくわれないようにしてください」というような内容ばかりでした。

老婆心の一覧

 例えば、「宴の終わりの始まり」ということを記事で述べてから、結局戦後最大の不況に入り込みました。

 「円安麻薬に浸っていてはいけませんよ」という趣旨の記事を1ドル125円くらいの時に申し上げました。それが今は95円程度。円安という下駄を外されると、日本経済は輸出が4割減りました。そして今は何と輸入超過です。

 「米国企業の格付けの低下」を問題にしましたが(参考)、とうとうGM(ゼネラル・モーターズ)とクライスラーが破綻するまでになりました。

 老婆心から申し上げたことは、残念ながらそのほとんどが現実のものとなってしまいました。ガックリです。もっと良い世の中にならない(できない)ものでしょうか。

ルネサンスを起こす

 私は、拙著『さらば、強欲資本主義』(亜紀書房)、『強欲資本主義ウォール街の自爆』(文春新書)、慶應義塾大学の小幡績准教授との共著の『世界経済はこう変わる』(光文社新書)などで、「日本からルネサンスを」と述べてきました。

 私の世代がルネサンスを起こすことが無理でも、ルネサンスを起こす基の「土と水と光」を準備することぐらいの貢献はしたいと思ってきました。

 同世代の友人は「この土とは教育、水とは資金、光とはビジョンのことだね」と述べたのですが、まさにその通りだと思います。教育も資金もビジョンもすべて重要ですが、このビジョンを打ち出すことは容易ではないと思います。

 少なくとも、私の世代からは出せないように思えます。なぜならば、私たちの世代は、幼い頃から数字を追っかける生活をしてきたからです。例えば、GDP(国内総生産)を大きくするという国家目標。増収増益や株価上昇という会社の目標。そういうものを、とっぷり刷り込まれてしまいました。

コメント4

「神谷秀樹の「日米企業往来」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)