• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ビル・ゲイツはいつだって「誘ってる」

独りランチをやめて、「誘える人」に変身しよう

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2009年7月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 魅力的なリーダーを評するとき、「なぜかあの人には付いて行きたくなるんだよな」といった言葉がよく聞かれます。

 志をもって邁進している人物を見て、自発的に「よしあの人に付いて行こう」と奮い立つこともあると思います。マハトマ・ガンジー、フォレスト・ガンプ、桃太郎……。いろいろな人物像が連想できますが、もくもくと前を歩む人の背中を追って、多くの人が連なっていく。このような形で生まれるリーダーもいるでしょう。

 ただ、私の知る限り、このケースはとても例外的です。

仲間を引き入れて目標達成した監督

 成功を収めている多くのリーダーは、まず自分から「一緒にやろうよ」と声を掛けているものです。人が背中を追いかけているように見えるリーダーも、はじめは人々を“誘い込んで”います。

 前回のコラム「“輝いて見える人”に2つの共通点」でも書きましたが、リーダーシップが「実現したいことがあって、協力者を集め、その実現に向かって人を動かす」ものだとすると、当然リーダーは周りの人の協力を仰ぐというプロセスを避けて通るわけにはいきません。

 その体現者として紹介したのが、私が通っていた学校のラグビー部の監督でした。選手のリーダーシップに火を灯し、中学でも高校でも県大会で優勝させました(私は中高一貫校に通っていました)。

 監督はまさに“誘う人”だったと思います。以前、このラグビー部には1学年2、3人の部員しかいませんでした。ところが、私たちの学年から突然15人に増え、次の学年は30人、その次の学年は35人と、すごい勢いで部員が増えていきました。1学年たった140人ほどの学校が、あれよあれよとラグビー部員だらけに。

 監督は、優勝するという目標に向けて、とにかく“仲間”を誘い込んだのです。

 こういう私も誘われた一人。実は中学校入学当初、私は野球部に入ろうと思っていました。ある日、授業の終了後、入部申込書を出すため職員室に行きました。「あの、野球部の監督の席はどちらですか」。

 対応したのが、そのラグビーの監督でした。「なんだ、おまえ野球部に入るのか。ラグビー部に入れよ。ラグビーはいいぞ」。

 その後、いかにラグビーが楽しいスポーツか、県大会優勝がいかにすごいことか、私が入部したらどんな活躍をしそうかといったことを延々と説かれました。

 30分後、私は職員室を後にしました。監督に「ラグビー部に入ります」と約束をして。子どものころから野球が好きで、「入学したら絶対に野球をやる」と思っていた私の心を30分で変えてしまうほど、監督の話は臨場感があって、魅力的でした。

「鈴木義幸のリーダーシップは磨くもの、磨けるもの」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長