• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第3回 スッキリして迷わなくなりますよ、社長

社長が解決すべき5つの問題(2)

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2009年7月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回から、「社長の話をわかりやすくする」ために社長が解決すべき5つの問題について、順にご説明しています。今回は、5つの問題のうちの(2)理念の優先順位が明らかでない・・・【優先順位】についてです。

 1.「前回までの内容はだいたい覚えている」と言う方は、このまま読み進めてください。
 2.「このコラムを初めて読む」または「前回までの内容を忘れてしまった」方は、こちらの記事一覧からご覧ください。

 問題の(1)【整理】と(2)【優先順位】が解決すれば、社長はかなり「スッキリして」「迷わなくなる」のではないかと思います。実際、私が企業理念コンサルタントとしてご支援してきた多くの社長がそうでした。

 実際にあったある社長のお話をしましょう。

社長がスッキリして、迷わなくなったB社

 B社は老舗の食品メーカー。3代目となる社長は、入社後現場から始めて、要職の階段を上りながら先代である父親を支え、2年前に社長に就任しました。そろそろ先代も口を出さなくなってきたので、自分としてのカラーを打ち出したいと考えていました。

 初めてお会いした時、彼は私にこう言いました。「先代の方針で共感できる部分もあるのですが、全く違うなと感じている部分もあって、自分の思いもまだぼんやりしているのですよ」。

 社長へのインタビューを重ね、先代にもお話を伺いながら、両者の思いや考え方の共通点と違いを整理していきました。同時に整理した項目間の優先順位を確認していきます。「こうだ、いややっぱり違うな」。行きつ戻りつ、次第に企業理念の【整理】と【優先順位】づけが進んでいきます。

 ようやく定まったと確信した時、私は『会社として最も大切にしていきたいこと』を企業理念としてまとめたものを、社長にご報告しました。しかし彼の反応はいま一つです。

 「ここには私がはっきりと認識していなかったことも含まれてはいますが、全部私が考えてきたことばかりですよね。新しいものは何もないですよね」

 社長はびっくりするような、新しい考え方が出てくるのではないかと期待していたようです。私の事前説明が足りなかったと反省しました。

 私が【整理】し、【優先順位】づけをしようとしていたことは、その人の思いや考え方の根本。時代の変化の影響を受けることも少しはあるでしょうが、ほとんど変わることのない部分です。多くはこれまでの人生ですでに形作られているものであると考えます。

 だから大抵の場合、“びっくりするような新しい考え方”が出てくることはありません。これまで意識してきた、あるいは薄々気がついていた思いや考え方が白日のもとにさらされ、整理され、優先順位づけられるだけです。

 3カ月くらいたった頃でしょうか。B社の社長に久しぶりにお会いしました。社長は私を捕まえてこう言いました。

 「まとめてもらったもの、すごくいいですよ。社員にいろいろと質問されても答えがすべてここに書いてあるし、自分の本当の思いや考え方が書いてあるから、すっと答えられる。ここには私の基本的な思いや考え方が全部書かれていたのですね。とてもスッキリしたし、迷わなくなりましたよ」

 企業理念を【整理】し、【優先順位】づけすることのメリットを、ようやくわかっていただけたようです。

 社長がスッキリして迷わなくなれば、社長の話はスッキリとわかりやすくなり、社員もスッキリと迷わなくなるはずです。同じ理念のもとに集まった社長、幹部、社員が、それぞれのポジションで気持ちよく働けるようになっていくのです。

 さて、そのためには、今回取り上げる「社長が解決すべき5つの問題」のうちの(2)【優先順位】を解決しなければなりません。

 昨今、企業理念をホームページの冒頭に掲げる会社が増えてきたと感じますが、この【優先順位】については、まだまだ明確にできていない会社が多いように感じます。

 企業理念でよくあるパターンをご紹介しましょう。

コメント4件コメント/レビュー

同じようなことをしていても、考えの基礎が違うことで、これだけ変わるんだと驚きました。▼(話がずれますが)その微妙な違いをきっちり整理することの大切さは感じたのですが、どうしても迷っている場合や、相変わらずの八方美人の場合、決断できないトップの場合など、トップの素養も重要だと社員の立場からつい見てしまいました。ボトムアップについても考えてみたいなと思います。(2009/07/22)

「社長の話がわかりやすい会社は伸びる」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

同じようなことをしていても、考えの基礎が違うことで、これだけ変わるんだと驚きました。▼(話がずれますが)その微妙な違いをきっちり整理することの大切さは感じたのですが、どうしても迷っている場合や、相変わらずの八方美人の場合、決断できないトップの場合など、トップの素養も重要だと社員の立場からつい見てしまいました。ボトムアップについても考えてみたいなと思います。(2009/07/22)

大変有意義な内容で、ありがたく拝読しております。小生、サラリーマンながら一般バンド(吹奏楽)の指揮をしております。事あるごとに団員、演奏、お客のどれを第一にすべきなのか?迷うことがあります。それぞれに大切なことではありますが、TPOに合わせて順位が変わることもしばしばです。このコラムに書かれている内容をよく理解し、仕事だけでなく趣味の世界にも役立てていきます。ありがとうございました。(2009/07/21)

 おっしゃるとおり、どの会社の理念が良い悪いではなく自分にあっている理念はどれか?それが重要だと思います。急成長を求めている会社もあれば、安定成長を目指している会社もあり、顧客第一主義もあれば、従業員第一主義もある、そういった多様な会社の中からサービスを選んだり、就職先を選ぶ、そういった多様性が担保された日本であってほしいものです。 こうでなければならない、と法人理念のあり方を決めてしまっている社会ではマイノリティーは生きづらくなってしまいますから。(2009/07/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授