• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第4回 サントリーの『やってみなはれ』はどこへ行くのか

社長が解決すべき5つの問題(3)

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2009年7月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回のコラム「第3回 スッキリして迷わなくなりますよ、社長」にも、読者のみなさまからコメントをちょうだいしました。

 「継承して経営者になると、周りとのバランスをとるのに慣れすぎて、ともすれば優先順位が八方美人になっています。自分の信じているものは何かを改めて考えさせられました」

 「おっしゃる通り、どの会社の理念が良い悪いではなく自分にあっている理念はどれか? それが重要だと思います。急成長を求めている会社もあれば、安定成長を目指している会社もあり、顧客第一主義もあれば、従業員第一主義もある、そういった多様な会社の中からサービスを選んだり、就職先を選ぶ、そういった多様性が担保された日本であってほしいものです」

 「小生、サラリーマンながら一般バンド(吹奏楽)の指揮をしております。このコラムに書かれている内容をよく理解し、仕事だけでなく趣味の世界にも役立てていきます。ありがとうございました」

 「どうしても迷っている場合や、相変わらずの八方美人の場合、決断できないトップの場合など、トップの素養も重要だと社員の立場からつい見てしまいました。ボトムアップについても考えてみたいなと思います」

 新たな視点をいくつもいただきました。ありがとうございました。

 さて、今回のテーマは、「社長の話をわかりやすくする」ために社長が解決すべき5つの問題のうちの3つ目、(3)理念がわかりやすく表現されていない・・・【表現】の問題です。

 1.「前回までの内容はだいたい覚えている」と言う方は、このまま読み進めてください。
 2.「このコラムを初めて読む」または「前回までの内容を忘れてしまった」方は、こちらの記事一覧からご覧ください。

 前回のコラムで、社長が解決すべき5つの問題の(1)【整理】と(2)【優先順位】の問題が解決すれば、社長自身がかなり「スッキリして」「迷わなくなる」と申し上げました。では、(3)の【表現】の問題が解決するとどんなメリットがあるのでしょうか。

 ここでいつもように、みなさんに質問です。
 『やってみなはれ』と言えば・・・ご存じのようにサントリーホールディングスのスピリッツ、価値観を表した言葉として有名です。さて、『やってみなはれ』は何年にわたって受け継がれている言葉だと思いますか。

コメント4

「社長の話がわかりやすい会社は伸びる」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック