• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

コーチのバッグ、また買ってしまう「2つの仕掛け」

値頃感を演出する「使い方提案」と「鮮度の維持」とは

  • 上田 隆穂,中野目 純一

バックナンバー

2009年8月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年9月のリーマンショックをきっかけに起きた需要蒸発。その影響をもろに受けているのが、高価なブランド品の販売だ。

ショーウインドーのディスプレーも毎月変える (写真:陶山 勉、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 市場調査会社の矢野経済研究所の推計によると、欧米から直輸入されている高級衣料品・服飾雑貨の2008年の市場規模(小売金額ベース)は、前年比10.2%減の1兆643億円。1996年のピーク(1兆8971億円)の56.1%にまで落ち込んだ。

 需要蒸発の影響が続く今年は9927億円と、1兆円の大台を割り込む見通しだ。30歳代以下の若年層の「百貨店離れ」、「輸入ブランド離れ」という長期的な低落傾向に、需要蒸発という突風が加わり、市場縮小のスピードに拍車がかかった格好だ。

 品目別で落ち込みが目立つ輸入ブランド品の1つが、「ハンドバッグ・カバン・革小物」。2008年の市場規模は、前年比10.5%減の4834億円と、5000億円の大台を割った。

リーマンショック後も売り上げを堅持

 こうした市場全体のトレンドとは対照的に、堅調な業績を上げているブランドがある。米ハンドバッグブランドのコーチだ。

東京・銀座にあるコーチの旗艦店の店内。白を基調とした明るい内装で客を誘っている
画像のクリックで拡大表示

 日本法人のコーチ・ジャパンが7月末に発表した2009年6月期の売上高は、前期比0.5%減の651億円。需要蒸発という逆風を浴びながら、前期並みの売り上げを維持した。

 1941年に米ニューヨーク市のマンハッタンで創業したコーチが日本に上陸したのは、21年前の1988年。当時はバブル景気の最中で、街にはグッチやルイ・ヴィトンといった欧州の高級ブランドのバッグを手にした女性たちがあふれていた。

コメント1件コメント/レビュー

自分だけかも知れませんが、2000年以前のコーチは好きでした。でもそれ以降のコーチは「欲しい」対象でなくなりました。今では店の前を通り過ぎるだけです。入りたい、商品を見たい、と思えなくなっています。今回の記事を読んで納得した気がします。(2009/08/03)

「需要蒸発に勝つ価格戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自分だけかも知れませんが、2000年以前のコーチは好きでした。でもそれ以降のコーチは「欲しい」対象でなくなりました。今では店の前を通り過ぎるだけです。入りたい、商品を見たい、と思えなくなっています。今回の記事を読んで納得した気がします。(2009/08/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長