• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“和”の副業で、パラレルキャリアを実現する(2)

香り作りは、キャリアの集大成

  • 浅井 美江

バックナンバー

2009年7月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年来の賃金カットに加え、今夏はボーナスゼロという企業も少なくないようだ。1つの会社に依存することで訪れるリスクを改めて感じる今、P・F・ドラッカーがその著書の中で繰り返し語っている「パラレルキャリア」(第二の仕事)を、和の副業で実現している女性たちがいる。

 前回に続き今回登場するのは、「和の香り」を作り出す認定香司を副業とする女性である。

 「香司」と書いて「こうし」と読む。少し耳慣れない肩書きを持つのが今井麻美子さんだ。「香り」というと、アロマテラピーやフレグランスなどの「洋」のイメージが浮かぶが、今井さんが手がけるのは「和の香り」。原料には、白檀(びゃくだん)、龍脳(りゅうのう)、丁子(ちょうじ)、桂皮(けいひ)、零陵香(れいりょうこう)など難しそうな漢字が並ぶ。

香司の今井麻美子さん(写真:皆木 優子、以下同)

 「香りの原料を、香原料(こうげんりょう)と言います。かれこれ1300年以上前からほぼ同じものが使われていて、現在は東南アジアから中東、アフリカ産の草果木根などを使っています。なじみのないものが多いように思えるかもしれませんが、例えば桂皮は、別名肉桂(にっけい)とも言い、ニッキ飴や漢方薬にも使われています。お料理に使われるシナモンも同種の木です。丁子はクローブと呼ばれていて、スパイスコーナーで目にした方もいるかもしれませんね」

きっかけは、キャンペーンに当選して通った教室

 淡い色の着物をゆったりと着こなした今井さんの口から、香りに関する話がポンポンと飛び出す。その表現力はとても豊かで、人を飽きさせない。話は、香原料にまつわる様々なエピソードや効能、果ては珍しい珈琲の種類まで広がっていく。

 「香原料の一つに麝香(じゃこう)があります。麝香の名前がついた動物には、ジャコウジカやジャコウネズミなどいるのですが、そのうちのジャコウネコは珈琲の実が大好きで、固い殻がついたまま実を食べてしまいます。この殻は未消化のまま排泄され、それを丁寧に洗浄して殻を取り除くと『コピ・ルアック』という珈琲豆になるんです。猫の体内で発酵した珈琲豆が甘く芳醇な香りを醸し出していて絶妙の味。貴重な香りを損なわないよう、いただく時は煙草を喫ってはいけないんですよ」…とこんなぐあいだ。

 今井さんが香りに巡り合ったのは約3年前。きっかけはある下着メーカーのキャンペーンに当選したことだ。

 「応募の際、有名レストランでの食事やいろいろな教室が体験できる特典を選ぶのですが、ふと目についたのが『和の香り作り』。もともと伝統文化や和ものが好きだったことと、選ぶ人が少ないだろうから当たるかなと(笑)。」

 「和の香り作り」に当選して行ってみると、全6回、2万円相当の体験ができる教室だった。この小さな出会いが、今井さんのそれからの人生に大きな影響を与えることになる。何気なく受講した香り作りに初回ですっかり魅了され、結局その会社が運営する香司養成講座に半年通い、認定資格を取ってしまったのだ。今井さんのパラレルキャリアの始まりだ。

 香司の資格取得後も同教室に通い、師匠に香りについての指導を受けたり、自分で香りを研究するなど、研鑽を続けた今井さんは、現在様々な場所で講座を持っている。最も人気があるという「オリジナル香袋作り」は、前述の香原料を含む十数種を使用して、参加者が自分の好きな香りを調香できる。

 「香り作りは、香道や茶道などのように決められた作法というのはありません。もちろん、香原料同士の相性はあるし、相性がよくても調香のバランスによってでき上がる香りは異なってきます。講座ではそんなこともお話させていただきながら、初めての方がとまどわないように、そして自分の思っている香りができあがるように調香を指導しています」

 そしてもう1つ、今井さんが講座で大切にしていることがある。伝統文化としての香りを理解するとともに、それを楽しむ心を育むことだ。

コメント1

「働く女性のリアルリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長