• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第5回 なぜリッツ・カールトンやトヨタの社員は、たくさんの行動規準を覚えられるのか

社長が解決すべき5つの問題(4)

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2009年8月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回までで、社長の話をわかりやすくするために「社長が解決すべき5つの問題」の3つまでを見てきました。

 『会社として最も大切にしていきたいこと』の(1)【整理】(2)【優先順位】(3)【表現】の問題が解決すると、サントリーの「やってみなはれ」のようなとてもわかりやすい企業理念の言葉に近づけますよ、という話でした。

 非常に残念なのは、この時点で「できた!」と思って満足してしまう社長が多いことです。賢明な読者のみなさんはすでにお気づきだと思います。社長の思いや会社の考え方を幹部や社員に伝えていくためには、わかりやすい企業理念の言葉ができて、ようやくスタート地点に立ったばかりであることに。

 本日は、「社長が解決すべき5つの問題」の(4)番目、理念を繰り返し伝えていない・・・【意思】の問題についてお話しします。

1.「前回までの内容はだいたい覚えている」という方は、このまま読み進めてください。
2.「このコラムを初めて読む」または「前回までの内容を忘れてしまった」方は、こちらの記事一覧からご覧ください。

 企業理念の共有浸透に前向きな社長の中には、ここからさらに一歩進めて、整理して明確になった企業理念の言葉を、“小さな携帯できるカード”にして社員全員に配る人がいます。また額縁に入れて社内の目立つ所に飾る人がいます。全体朝会で社員全員に毎日唱和させる方もいます。

 社長の思いや会社の考え方を、幹部や社員に伝えたいという意思はわかります。今年社名をパナソニックに変えた松下電器産業は、松下幸之助さんが亡くなられて20年たった今でも、経営理念を唱和し続けています。

80年にわたり唱和され、心に刻まれた「パナソニック綱領」

 先日、パナソニックの子会社の方に電話をしていた時のことです。電話はつながったのですが、「すみません、こちらからかけ直します」と言って切られました。何か急用があったのだろうかと不思議に思っていたら、しばらくして電話がかかってきました。

 「先ほどは大変失礼をいたしました。武田さんは企業理念の仕事をされているのでご理解いただけると思いますが、当社ではずっと朝会で社歌を歌い、綱領、信条を唱和しているのです。社内にいる人は全員行うことになっていて、ちょうどそのタイミングだったもので」

 パナソニックでは本体だけでなく子会社に至るまで、社歌を歌い、綱領、信条を唱和していることは知っていましたが、ちょうどそのタイミングだったとは思いもしませんでした。それにしても社歌とはなんとも昭和の香りが漂うではありませんか。しかしその女性担当者は、嫌がっている様子もありません。むしろ生活の一部であるかのような口ぶりでした。

 「産業人タルノ本分ニ徹シ」で始まる経営理念『パナソニック綱領』は、年配の方以外はなじみのないカタカナ混じりの文面ゆえに、意味を理解するのに時間がかかります(関連サイト)。

 そろそろ表現を見直してもいいのではないかとも思いますが、グループ各社の社員にとっては、制定された1929(昭和4)年以来80年にわたって唱和し、その意味を繰り返し社長や上司から、また研修などの場で説明され、心に刻んできたものなのです。

 本当の意味で社長の思いや会社の方針を企業理念として浸透させるには、長い時間が必要なのだといえますが、多くの会社にとっては80年もかけるわけにはいきません。

 先ほど、“小さな携帯できるカード”にして社員全員に配るのも、額縁に入れて社内に飾るのも、全体朝会で社員全員に毎日唱和させるのも、「社長の思いや会社の考え方を、幹部や社員に伝えたいという意思はわかる」と書きましたが、社内にもっと早く、深く共有浸透させる方法はないものでしょうか。

コメント4件コメント/レビュー

貴社にも会社のマインドや行動規範がありますがキレイごとばかりたくさん並べられているようで、正直うんざりします。他社からみれば、"なるほど。さすが!"と思われるんでしょうけど・・・。(2009/08/05)

「社長の話がわかりやすい会社は伸びる」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

貴社にも会社のマインドや行動規範がありますがキレイごとばかりたくさん並べられているようで、正直うんざりします。他社からみれば、"なるほど。さすが!"と思われるんでしょうけど・・・。(2009/08/05)

本日初めて記事を知り、第1回から拝読いたしました。今春管理職になり、部下に伝えたいことを適切に伝えることの難しさを日々痛感しております。風情のある文章と同様に、発言にも「行間」があった方がいいのかなと根拠なしに思い込んでおりましたが、目が覚めました。伝えたいことを絞り、ぼやけないようにして、繰返し話していきたいと思います。(2009/08/03)

大変参考になりました。いえ、毎回参考になっております。私は管理職ですので、トップの意向を伝達する機能を担っております。やはりここでも明確であることは重要なのですね。当社の場合はイマイチそこは難点だと思います。そこは私たち中間に属する者の使命なのかもしれません。ボードの言葉が私に正確に、明確に伝わっていれば話ですが。(2009/08/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長