• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

創業200年の老舗企業が航空会社を作った理由

2009年8月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大小問わず経営不振に喘ぐ航空業、減便などその煽りを受けて赤字に苦しむ地方空港。逆風が吹きすさぶ地方の空に、真新しい翼が飛び立った。7月23日に初就航を迎えた、フジドリームエアラインズ(FDA)だ。

FDAの1号機。2号機はブルーで、今後増えるたびに違うカラーで彩っていく
画像のクリックで拡大表示

 FDAの拠点は6月4日に開港したばかりの「富士山静岡空港」。路線数は、九州の熊本、鹿児島両空港と、石川県の小松空港の3路線。一足早く国内線を就航させた日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)の各2路線を超え、静岡空港ベースで最多路線を誇る。

画像のクリックで拡大表示

 このFDA、県からの出資も、地元経済界各社からの出資も受けていない。単独出資で設立したのは、総合物流業を営む、鈴与である。

 駿河国清水湊で船舶による物流業「播磨屋」を初代が創業したのは、200年以上前の江戸時代。陸揚げや倉庫管理など、港湾物流を主な生業とする老舗企業だ。今では、ガソリンスタンドやJリーグ球団の清水エスパルスの経営を手がけるなど、根を張る静岡で八面六臂の活躍を見せている。

鈴与の会社概要
創業 1801年(享和元年)
資本金 10億円(非上場)
単体従業員数 1061人
単体売上高 937億5800万円(2008年8月期)
単体経常利益 ▲12億6500万円(同、主にリース事業の減価償却による)
主な子会社 鈴与海運、鈴与商事(石油、ガス、建築資材などの卸売り)、鈴与オイルサービス(ガソリンスタンド)、鈴与建設、清水食品(缶詰やレトルト食品)、エスパルス

 だが、空の仕事は初めての門外漢。北海道国際航空(エア・ドゥ)が民事再生に、スカイネットアジア航空が産業再生機構入りに追い込まれるなど、ただでさえ新規参入には厳しい現実が待ち受けている。なのに、なぜ、果敢にも単独出資でアゲインストの空に挑むのか。

 初代から数えて8代目となる鈴与グループの総帥、鈴木与平社長が語る。


鈴木 与平(すずき・よへい)氏
1941年8月、7代鈴木与平前会長の子息として生まれる。社長は世襲制で、代々、与平の名を継いでいる。県立静岡高校卒業後、慶応義塾大学経済学部に入学。65年同学部卒業、67年東京大学経済学部卒業、鈴与に入社。77年社長に就任。1995年静岡鉄道取締役に、98年エスパルス(Jリーグ球団)会長に、2001年静岡朝日テレビ取締役に、2008年フジドリームエアラインズ社長に就任
(写真:廣瀬 貴礼)
画像のクリックで拡大表示

 ―― 全国で98番目、「最後の地方空港」と言われる静岡空港が開港するまでには、さまざまな紆余曲折がありました。県が現在の場所での空港建設を決めたのが1987年。96年に用地買収が始まりましたが、反対派の運動に悩まされ、計画から20年以上が経っての開港です。最初から「静岡空港=航空参入」という考えだったのでしょうか。

 鈴木 いや、そんなことないですよ。僕らも最初からここまでやる気は全くなかった。最初は、せっかく飛行場ができるから、何か仕事はしたいなと。夢みたいな話だけど、プロペラ機で伊豆大島や八丈島あたりに静岡から行けたらいいな、なんて酒飲み話はしましたけど、その程度です。

 ―― それが、具体的な話になっていったのは。

 鈴木 先般お辞めになった石川(嘉延前静岡県知事)さんの3選目、「空港建設は是か非か」というのが焦点になった2001年の知事選で、石川さんが100万票以上の票を得ました。県民がゴーサインを出したわけですよね。そこから、我々も何をしたらいいかという具体的な議論を始めました。

最初はあまり考えていなかった航空参入

 鈴木 でもやっぱり時間がかかるんですよ。空港はできるけれど、滑走路が短いし夜間も飛べないから、貨物は無理だろうとかね。お手伝いはするかもしれないけど、大した部分ではないという感覚でした。

コメント15

「逆風の企業戦略」のバックナンバー

一覧

「創業200年の老舗企業が航空会社を作った理由」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長