• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第11話】「忙しい!」から解放される方法

2009年8月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(80-35)×365×(24-7)=279,225

 この数式を翻訳すると――。現在35歳の人が80歳まで生きるとすると、「余命」はあと45年。45年に1年365日を掛けると1万6425日。さらに、この人が毎日7時間の睡眠をとっているとすると、24時間からその分を引いて17時間。先ほどの1万6425日に17時間を掛けると、27万9225時間。つまり、この人が80歳で天寿を全うするまでに目を開けて活動している時間は、残り約28万時間ということです。

人生の“残り時間”は何時間?

 28万時間という数字を見て、あなたはどう感じますか? 「まだまだこの先の人生は長いな」と思うでしょうか。それとも、「たったの28万時間!」と驚くでしょうか。

 例えば私などは、週末ごとに「もう金曜日か、1週間は早いなぁ」と感じます。あなたもそうだとすれば、あなたにとっての119時間(睡眠時間を7時間として、17時間×7日)は“あっという間”だということです。同じように、誕生日や年末を迎えるたびに「もう1年経ってしまったのか」としみじみ実感するのなら、6205時間(17時間×365日)もやはり“あっという間”なのです。

 人生の残り時間を長いと感じるか短いと感じるかは、ひとえに個々人の価値観の問題です。ただし、「自分に残された時間があとどのくらいあるのか」を常に頭の片隅に置きながら意識しておくことは、誰にとっても決して無駄なことではないと思います。

時間は決して取り戻せない

 ビジネスの世界で「時間」といえば、ヒト・モノ・カネと並んで経営目標達成のための重要な資源の1つです。ただし、時間というシロモノには、他の資源とは決定的に違う点があります。

 投資に失敗してカネを損しても、人に去られても、火災で工場が焼けてしまっても、情報ファイルを失っても、何らかの形で後日取り戻したり、修復したりすることは、程度の差こそあれ可能です。しかし、英語にも“Time flies like an arrow.(光陰矢のごとし)”という諺があるように、いったん弓から放たれた矢と失った時間は、二度と戻ってこないのです。

 世の中には、不合理、不公平、不平等の例がゴマンとあります。その限りにおいては、神様は決してフェアではない、と思わざるを得ません。

コメント6

「リーダーのための“新”武士道 伝説の外資トップがあなたのメンターになる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師