• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新時代を「アイ・シー・ユー」で乗り切ろう

  • 清野 由美,渋井 真帆

バックナンバー

2009年8月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

清野 今回は、この連載の第2回でお話した、「女将」「兄貴」「ダチ」という3つのダメ経営から脱するための思考法を、渋井さんに伝授していただこうと思います。

渋井 真帆(しぶい・まほ)
(株)マチュアライフ研究所 代表取締役社長
ビジネス書作家/ビジネスセミナー主宰
1994年立教大学経済学部経済学科卒業。都市銀行、専業主婦、百貨店販売、証券会社などを経て起業。企業向けの人材教育、販売コンサルティングの受託のほか、『女のたしなみ経済塾』『女のたしなみリーダー塾』などの経済・ビジネスセミナーを主宰。主な著書に『あなたを変える稼ぎ力養成講座 決算書読みこなし編』(ダイヤモンド社)『渋井真帆の日経新聞読みこなし隊』(日本経済新聞出版社)『仕事心の育て方』(小学館)などがある。
渋井真帆の公式サイト ~仕事も経済も楽しくなる! 自分の成長が嬉しくなる!!~

渋井 私がセミナービジネスを立ち上げたのは27歳の時でしたが、当初の年商は250万円ぐらいだったんです。

清野 主婦のお小遣いとしてはいい金額だけど、起業家としてはいかがなものだろうか、というレベルの年商ですよね。

渋井 そうだったんです。それで、悩んで悩んで、いろいろと失敗もしたのですが、あるひと言がきっかけになって、年商1億円の壁を突破できたんです。

清野 まるでビジネス書に書いてあるようなお話みたいですね。

渋井 はい。私自身、アメリカのビジネス書のベストセラーから学んだことで、『チャンスがやってくる15の習慣』という訳書にもまとめたのですが、そのキーワードを簡単に言うと「アイ・シー・ユー」、これなんです。

清野 「I SEE YOU」の「アイ・シー・ユー」ですか。

渋井 はい。「私はあなたを見ています」という意味で、「LOOK」ではなく「SEE」を使うところに、「きちんと理解している」というポイントがあります。その対極が「ルック・アット・ミー/LOOK AT ME」です。アタシを見て、オレを見て。

清野 私に語らせて、僕に語らせて、ということですよね。だったら「女将の経営」というのは、まさしく「アタシの経営」のことで、「兄貴の経営」というのは「オレの経営」。どっちもルック・アット・ミー系ですね。「ダチの経営」は何なんだろうな。

渋井 ダチの経営も「ルック・アット・ミー」ですよ。

清野 お互いに、ということですか?

渋井 そう。友達という名の下で、オレってすごいよね、オレって素晴らしいよね、というのを、言い合ってっている関係。

清野 そうか、そうか。女将と兄貴は上下関係があるんだけど、ダチは平行関係で「ルック・アット・ミー」をしているわけなのね。

渋井 本当のことを言うと、私、めちゃくちゃ「アイ・シー・ミー」の人だったんですよ。しかも「アイ・シー・ミー」だけじゃ満足できないから、周りに「ルック・アット・ミー」までしてくれ、というふうにアプローチをしていた時期がありまして。

清野 確かに、自分が自分を見ているだけじゃつまらない、満たされないものね。そうすると、他人に「ルック・アット・ミー」を押し付けたくなりますね。

渋井 そうそう。でも、「ルック・アット・ミー」に陥るほど、さらに全くその欲求が満たされなくなるんですよね。

氷河期に就職であわや全滅・・・

清野 渋井さんは1994年、就職氷河期といわれた時に、新卒で都市銀行に就職した人ですよね。その競争はどのようにくぐり抜けたんですか。

渋井 いえ、すんなり行ったわけではなくて、その前に、化粧品メーカー、食品メーカー、生保、損保・・・・・・と、50社ほど回って、すべてアウトだったんです。その時に初めて、地方出身、私大卒、ハイパーな資格なし、という自分の不利な状況に目が覚めて。就職本なんか読んでも、こんなの役に立たない! って、つくづく思いました。だったら何が必要なんだろう? と考えた結果、「企業がほしがる人材」に自分がなるしかない、と考えをあらためたんです。

清野 具体的に、どうアピールしたんですか。

渋井 当時は銀行の悪者イメージがものすごく強い時期だったんですが、面接で「銀行とは社会的に存在価値が高いもの。私はその誇りを背負って、営業に携わりたいと思っています」と、真剣に言いました。面接官はそれを聞いて感激しておられました。

清野 相手の誇りを刺激して、採用が決まったんですね。まさしく「アイ・シー・ユー」じゃないですか。ちなみに、その年に総合職として採用された人数はどのくらいだったのですか?

渋井 男300人、女5人です。

清野 その女性5人の中に入ったんですね。

渋井 そうだったのですが、入行後、TOEICの抜き打ちテストがあった時に、私は380点で。

清野 ほかの人の平均点はどんなもので?

渋井 800点以上。

清野 ・・・・・・。

コメント2

「非・男性の仮説」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授