• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

管理職って本当は何を“管理”するの?

いなくてもいい上司から変身しよう

2009年8月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「正直ショックだったというか、驚いた。上司がいなくなるのに、彼らは『何も困りません』って口をそろえて言うんだよね」
 こう語るのは情報関連会社に勤めるA氏だ。

 業績の悪化で、A氏の会社では一部の管理職を関連会社に転籍させることになった。そこで、上司不在となる数人の若手社員と面談したところ、「困らない」発言が飛び出したというのだ。

 「うちは今の社長が30年前に立ち上げた、社員数200人程度の中小企業です。大企業だったら役職のピラミッドが出来上がっているから、下の世代を昇進させたり、横滑りとかで、抜けた穴を埋められると思います。でも、うちくらいの規模だと、それができない。そんなに人材がいるわけじゃないですから…」

 「それで、しばらくの間、空いた穴の一つを僕が兼任することになった。といっても、もともと僕は営業職で、制作のことは分からない。だから、まずは部下たちの話を聞いておこうと思ったんです。しかも彼らの部署は今、重要な案件を受け持っていて、転籍してしまった上司はそのプロジェクトリーダーだったんです。だから普通、不安とか、困ることとかあると思うじゃないですか。ところが、そろいもそろって『ない』って言うんです。いや、参りましたね。リーダーがいなくなることで困ることがないなんて、問題ですよね。『上司は何もやっていなかった』ってことになっちゃいますからね」

 上司がいなくなるというのに、困らないという部下たち。
 よほど、出来の悪い上司だったのかと思いきや、「そんなことはない」とA氏は言う。とびきりできる人物ではないが、かといってクレームをつけられたり問題を起こしたことは一度もない、いたって普通の上司だったというのである。しかも、どちらかと言えば、トップからはむしろ期待されていた部類に入る人物だったというから、なおさら「困らない」がショックだったそうだ。

 単純に部下たちは、いないほうが自由気ままに仕事できるから「困らない」と言ったのだろうか? たとえば、先生がいない自習時間や、親が留守にしている時と同じように、いないほうが気楽だから「困らない」のか?

「上司不在でも困らない」のはなぜか

 う~む、それではどうも合点がいかない。
 だって、それはあくまでも一時的とわかっているからであって、“半永久的”となれば、そう言っていられるわけがない。「亭主は元気で留守」だからいいのであって、永遠に存在しなければ「生活をどうする?」、となるわけだ。先生がいなければ、「勉強どうする?」、親がいなければ「ご飯はどうする?」となるだろう。上司がいなければ「仕事はどうなる? どうすりゃいい?」と、多少なりとも不安を感じるはずである。

 ところが彼らは、半永久的にいなくなる上司に、「いなくても仕事に支障はない」と断言し、上司の存在を否定したのである。

 A氏の事例を「だから、最近の若いヤツらは、頭にくるんだ!」と一蹴し、部下批判を展開するのも十分可能だ。だが、今回はあえて「上司とは、何なのか?」という、極めて基本的なテーマについて、考えてみよう思う(上司にもいろいろあると思うが、今回は、管理職である上司、という限定付きで考えていきます)。

 そこで、まずは質問です。
 『あなたは、管理職とは何を“管理”する仕事だと思いますか?』

 講演会などでこの質問をすると、たいていの人は「部下です」と答える。
 そして、
・ウツにならないように、部下のメンタルを管理する
・過重労働にならないように、残業時間を管理する
・仕事の方向性を示し、仕事が予定通り行われているか管理する
と、どこかのマニュアルに書かれていそうなことを、決まってツラツラと述べるのだ。

 もちろんこれらが管理職としての仕事の一部であることに異論はないし、部下の健康状態や残業状態を管理することは、厚生労働省から指導もされている。

コメント26

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「管理職って本当は何を“管理”するの?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長