• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

秒単位で人の思考を検索できる

DGインキュベーション投資・事業開発本部マネージャー・枝 洋樹氏

2009年8月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 過去5回にわたって、新ウェブサービス「Twitter(ツイッター)」について、ジャーナリストやメディア関係者、企業経営者といったインタビューを通じて、社会に与えるインパクトを考察してきた。

 最終回は、日本にTwitterを持ってきた張本人に、サービス開始から今後の展開までを聞く。ネットビジネス支援のデジタルガレージで、ベンチャー企業の発掘や育成などの分野を担当している枝洋樹氏だ。

NBO 「Twitter(ツイッター)」は、現時点で英語版以外には日本語版しかありません。日本市場の開拓に力を入れているように感じます。

枝 洋樹(以下、枝) 日本語版のサービスが始まったのは2008年4月ですが、その前から日本からTwitterへのトラフィックが多くありました。2006年に英語版でサービスが始まった時から、日本語でつぶやくことはできたんですよ。若干バグもあったようですが、回避するノウハウをみんなでシェアして使い込んでいったようです。

 めざとい日本のアーリーアダプターたちは、世界でも比較的最初の利用者でした。2008年2月時点で、米国のユーザーが全体の4割いて、それに次ぐのが日本。4分の1ぐらいを占めていたようです。

枝 洋樹氏

 だから米ツイッターに「日本語版をやろうよ」と申し込んでも、話は比較的スムーズでした。2008年1月の出資と同時に業務提携して「日本語版の開発を一緒にやりましょう」みたいな感じで始まったんですね。

NBO Twitterに目をつけられたきっかけは何だったのですか?

 毎年3月に米テキサス州でメディアとアートを取り上げるコンファレンス「サウス・バイ・サウスウエスト(South by Southwest、SXSW)」が開かれます。2007年のSXSWで、Twitterを使って会場のプラズマディスプレーに参加者のつぶやきをリアルタイムで表示するという試みを仕掛けました。これが話題になったようで、1日のつぶやきが2万から6万に急増したそうなんです。これは、面白そうだなと。

 当時はTwitterだけでなくて、「jaiku(ジェイク)」など似たようなウェブサービスが出てきていたのは確かです。とは言っても、Twitterが一番有望そうでした。結局、半年以上かかって業務提携の発表に至りました。

Twitterは「俳句」の世界観

NBO いくつか似たサービスがある中で、Twitterに可能性を感じたのはどの点でしょうか。

 それは、Twitter的なサービスが日本で流行るかどうかという観点ですね。盛り上がるだろうということは、直感です。いわゆる「緩いコミュニケーション」と言ってしまえば簡単ですけど、140字という制限された文字数で、それほど気兼ねしなくていい、ぎすぎすしない関係性がウェブのシステム上で成り立っている。掲示板でもなく、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でもない、中間のようなメッセージのシステムみたいなもの。これは、日本人の感覚に合うだろうと思いました。

 あとは俳句。あれって結局、つぶやきみたいなものですよね。自己満足と言うと変ですけれども、何かを見て、自分の思いを五・七・五にしたためて、それを発表はするんだけれども・・・。

NBO まさにつぶやくという感じ。

 誰かに読んでもらいたいけれど、読んでもらわなくてもいいみたいな、そういうメンタリティーって何となく日本人に根差しているような気がして、そういう感覚ですかね。

NBO 日本で展開を始めてから、どのような取り組みを進めているのですか。

エヴァン・ウィリアムズ氏

 サーバーや開発などの運営自体は米国です。日本はユーザーを増やす。分かりやすい例では、2008年夏にCEO(最高経営責任者)のエヴァン・ウィリアムズが来日した時に、日本のユーザーを集めて意見交換会を実施しました。また、Twitterのユーザーオフ会に出席してアピールするといった活動もしています。

NBO 朝日新聞や読売新聞が早くからTwitterで記事を紹介したり、評論家の勝間和代さんが取り上げるなど、ここに来て盛り上がってきている感があります。

 自分の身の回りで使う人がいた方が「使おうか」という気になるじゃないですか。今は、クリティカルマスを超える入り口にようやく来ているかなという感じですよね。

コメント0

「ビジネスパーソンのための「Twitter」論」のバックナンバー

一覧

「秒単位で人の思考を検索できる」の著者

戸田 顕司

戸田 顕司(とだ・けんじ)

食ビジネス シニアリサーチャー

「日経パソコン」「日経ビジネス」の記者、「日経ビジネス」兼「日経ビジネスオンライン」「日経トップリーダー」の副編集長、「日経レストラン」編集長などを務め、2016年3月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長