• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第7回 社長と副社長の間は、副社長と新入社員よりも距離がある

幹部や社員が知るべき、社長の3つの側面(1)

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2009年8月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第2回から前回(第6回)まで、「社長の話をわかりやすくする」ために、発信側である社長が解決すべき5つの問題について、ご説明してきました。本日のテーマは、発信側ではなく受信側の『幹部や社員が知るべき、社長の3つの側面』。3回にわたってお話ししていきます。

 「社長の話をわかりやすくする」ために、発信側である社長が変わることは必要条件ですが、受信側である幹部や社員のみなさんが、この『社長の3つの側面』を知り、スキルを身につけることで、もっと「社長の話をわかりやすくする」ことができます。

 それは会社のためではありません。一人ひとりの仕事のステージを充実させること、また、どこで働くうえでも生かせる“経営的視点”を身につけることにつながるのです。

1.「前回までの内容はだいたい覚えている」という方は、このまま読み進めてください。
2.「このコラムを初めて読む」または「前回までの内容を忘れてしまった」方は、こちらの記事一覧からご覧ください。1コラム当たり5~10分程度でお読みいただけます。

 社長の話がわかりにくい原因はお互いにあるのですが、話の中身や表現などを除いたところで、決定的な原因となっていることがあります。それが、社長と、それ以外のすべての社内の人々との距離です。

 私はよく、「社長と副社長の間は、副社長と新入社員よりも距離がある」という話をします。

 これは、一度でも社長を経験したことのある人【ただし最終意思決定権を持ち、1人でも従業員を抱えたことのある社長経験者】なら、一瞬で理解できます。恐らくこの言葉を聞いた時点で、苦笑いをされているのではないでしょうか。

 一方でそれ以外の読者の方には、ピンとこないのではないかと思います。そこで私が何度も経験した、象徴的な会話からご紹介しましょう。

ナンバー1になって初めてわかる社長のポジション

 先日、あるクライアントの社長と二人で打ち合わせた後、軽く飲みに行こうと誘われました。

 彼は大学を卒業後、大手企業にしばらく勤めてから父親の会社に入社。現場を経験しながら昇りつめ、5年くらい前からナンバー2の専務として、社長である父親を支えてきました。そして昨年、父親から歴史ある会社のバトンを渡され社長に就任していました。

 私は彼に「○○さんは社長になられて半年ですが、一番変わったことは何ですか」と質問してみました。

 彼は即答しました。「ポジションですかね」

 「専務時代の私の役割は、社長の方針を具体的に実行することでしたが、自分としては結局俺が全部やっている、俺が社長みたいなものだと思い込んでいたのです。ところがいざ社長になってみると、それはただの思い込みだったとわかりました(笑)。社長とナンバー2である専務のポジションがこんなに違うとは、社長になって初めて実感しましたよ」

 私は同じような感想を、何人もの社長から聞いてきました。そこで、社長に就任されてしばらくたってお会いする際には、次の質問をしてみることにしています。

 「ナンバー1になってみて、ナンバー1とナンバー2はえらく違うと思いませんでしたか。ナンバー1とナンバー2の間は、ナンバー2と新入社員よりも距離があるでしょう」

 すると社長は、ナンバー2時代を照れくさそうに思い出しながら、何度も深くうなずくのです。

 「社長と副社長の間は、副社長と新入社員よりも距離がある」という“社長の本音”は、これまであまり公に語られていなかったように思います。

コメント4

「社長の話がわかりやすい会社は伸びる」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長