• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

episode:23
「株主総会で追及されたくないがために、多めに解雇すると?」

  • 阿川 大樹

バックナンバー

2009年8月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

12年ぶりに大日本鉄鋼に戻った旭山隆児(あさひやまりゅうじ)の新部署、第三企画室の出社禁止期間が明けた。風間麻美(かざまあさみ)と楠原弘毅(くすはらこうき)の話を元にビジネスモデルの検証を始めた3人。茅ヶ崎のガレージ村で起こった緊急事態に、風間麻美は駆けつける。協力してくれていた職人の失業に、不景気を実感する麻美--。

 29階のベランダに置かれた赤い防火バケツに吸い殻を放り込み、旭山隆児(あさひやまりゅうじ)は室内にもどった。

画像のクリックで拡大表示

 その日の第三企画室は静かで、楠原と風間の叩くキーボードの音だけがカタカタと響いていた。

「ちょっと出かけてくる」

 部下たちに一声かけて、返事を待たずに部屋を出た。

 これから会う相手は本社管理部の日枝(ひえだ)部長。部下たちには聞かせたくない話になりそうだ。

*  *  *

「お連れ様、お先にお待ちです」

 ホテル・コンチネンテのラウンジに約束の時刻ぴったりに着くと、すぐに奥の個室に案内された。「楽しくない話」の匂いがプンプンする。

「お待たせしました」

 先にテーブルに着いていた日枝は、入って来た旭山の赤く染めた頭髪を見ると露骨に不愉快そうな表情を見せ、あわててそれを隠すように作り笑いをした。

「いやあ、旭山さん、たいへんご無沙汰しています」

「わざわざご足労いただいてありがとうございます」

 松宮会長には〈この頭〉で社内に入ってくるなと言われている。

「どうですか、第三企画室は」

 挨拶替わりなのか真面目な質問かわからない問いに、大阪人ならなんと答えるだろう。ぼちぼちでんな、それとも、あきまへんわ、か。

「いまのところ順調です」

〈正直に〉答えた。

「旭山さんはいったい何をおやりになろうとしていらっしゃるんです?」

「松宮会長からはなんとお聞きになっているんですか」

「特命プロジェクトだというだけです」

「そうですか、その通りだと申し上げたのでは満足なさらないんでしょうね」

「わたしにも立場がありますから」

「立場、ですか」

 思わず溜め息が出た。

コメント2件コメント/レビュー

いきなりピンチですね。新規事業開拓的な仕事をしていましたが周囲の理解は本当に得られなくて辛いです。この後どうやっていくのか?興味深いです。(2009/08/25)

「第三企画室、出動す ~ボスはテスタ・ロッサ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いきなりピンチですね。新規事業開拓的な仕事をしていましたが周囲の理解は本当に得られなくて辛いです。この後どうやっていくのか?興味深いです。(2009/08/25)

このお話が、ただのベンチャー起業ストーリーではないってとこですね。ここで切るのはひどい、続きが気になります。(2009/08/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長