• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ここで怒るかそれとも笑うか、それって実は自分次第。

部下のさぼりに泰然自若、不況にストレスフリーの心理学

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2009年9月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 精神科医にして心理学者で、『夜と霧』という著書でも有名なヴィクトール・E・フランクルは、第二次大戦中、アウシュビッツの収容所に捕虜としてとらえられた経験があります。

 言葉では語り尽くせぬほど過酷な環境の中で、彼は考えます。自分は人類の誰も経験したことのない壮大な心理実験の渦中にある。いつかこの収容所を出て、いま自分が体験していることを、オーストリアの大学の教壇に立ち、後世の人々に伝えていこう。どれだけ外側の自由を剥奪されたとしても、内側の自由を奪うことは何人にも決してできないということを。それが紛れもない事実であることを今まさに自分は証明しようとしている、と。

 その彼が遺した言葉があります。

 Between stimulus and response there is a space. In that space lies our power to choose our response. In our response lies our growth and our freedom.
(刺激と反応の間には、いくばくかの「間」が存在する。私たちはこの「間」の中で、自分の反応を選択する。私たちの成長と自由は、私たちが選ぶ反応にかかっているのだ)

 つまり、刺激が直接、反応を引き起こすわけではない、とフランクルは言っているわけです。アウシュビッツという“刺激”も自動的に「苦しい」「つらい」「悲しい」という“反応”を引き出すわけではなく、刺激と反応の間にはスペースがあり、そのスペースの中で、どのような反応をするのかは全て個人が選ぶことができる、と。そして、どのような反応を選べるかがまさにその人の精神的なレベルを表象している、と。

 このフランクルの言葉は私の好きな文言のひとつです。リーダーはこのことを強く心に刻むべきだと思っています。刺激は直接、反応を引き出さない。絶対に。

人は「刺激→反応」で考えがち

 ところが、ふだん私たちは、刺激と反応をダイレクトに結び付けようとします。

 例えば、「社員がもう少し自分から進んで動いてくれれば、こんなにいらついたりはしないんだけど」という言葉にあるのは、自ら動こうとしない社員という刺激が、いらつくという反応をもたらしたということ。

 「経済環境が悪いと、精神的にもまいるよな」は、経済環境の悪化という刺激が、精神的にまいるという反応をもたらしたということ。

 同様に、次のような心の言葉も、刺激と反応を“原因結果的に”結びつけようとする例です。

 ・「どうも大勢の人の前で話すのは緊張する」
  大勢の人の目(刺激)→緊張する(反応)

 ・「締め切りに迫られると、焦っていいアイディアが浮かばない」
  締め切りが迫る(刺激)→焦る(反応)

 ・「朝一番のティーショットは、肩に力が入る」
  朝一番のティーショット(刺激)→肩に力が入る(反応)

 その刺激がまさに自分の反応を引き起こしている。刺激と反応には自動的な因果関係があると捉えるわけです。

 でも、本当にそうでしょうか。

指を「パチン!」で悲しみが楽しみに

 何度言っても自ら動かない社員を目の前にして、いらつく上司もいれば、まったくいらつかずに泰然と受け止められる上司もいます。

 その社員に対してどう行動するか、どのような対策をとるかは次の話。まず、いらつくかいらつかないかは自分で選ぶことができます。

 つまり、自ら動かない社員はいらつきの“きっかけ”にはなっているでしょうが、そのきっかけを使って、いらつくという状態を作っているのはまさに自分自身なのです。

コメント0

「鈴木義幸のリーダーシップは磨くもの、磨けるもの」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長