• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

天賦の才は使い切れ!

柳井正・ファーストリテイリング会長兼社長、孫正義・ソフトバンク社長兼CEO

  • 田嶋 雅美

バックナンバー

2009年9月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「田嶋さん、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長や、ソフトバンクの孫正義社長兼CEO(最高経営責任者)って、どう思います? 彼らを突き動かすエネルギーの源は、一体、何なのでしょうかね」。本連載担当編集者さんに茶飲み話で聞かれた。

 確かに・・・。メディアに叩かれようが、世間の風向きが悪かろうが、業界常識を打ち破り、時代を切り開いていく不屈のパワーはどこから湧き出て、いつから生まれたのだろうか。

 最近、カリスマ経営者が、否定的に書かれるビジネス書が多くなった。カリスマとは、広辞苑によれば「多くの人を心酔させる資質・能力。また、その持ち主」とある。言葉通りに受け取れば、決して悪いことではないはずだ。

 残念ながら、柳井氏、孫氏とは一緒に仕事をしたことがない。が、幸い、一緒に仕事した経験を持った人はたくさん知っている。

 よし! 今回は、最近、肩身の狭い思いをしがちなカリスマ経営者を分析してみよう。天賦の才を持った2人の経営者像を描き出すというエッセイに挑戦してみたい。これから先はあくまでも、田嶋の勝手な考察であるということを念頭において読み進めてほしい。

世界にあるのに、日本にないのはおかしい

 さて、数あるカリスマ経営者の中でも突出した存在の柳井氏と孫氏だが、共通点がいくつかある。

柳井正 ファーストリテイリング会長兼社長(写真:清水 盟貴)

 一番大きな共通点は、世界規模のスケール感である。企業規模が大きくなってからではなく、最初から当たり前のように、世界市場を見据えている。「世界にあって日本にないのはおかしい」。この言葉は、2人の共通の口癖と感じる。

 ビジネスモデルにしても商品にしても、世界にすでに存在するものを、先進的に日本に取り入れてきた姿勢は、つとに有名だ。そして、どんな困難があろうと、必ずやり遂げる。両社とも「激インパクト」なヒットコマーシャルを数々生み出しているが、本質的に「世界スケールの日本初」のメッセージが見て取れる。さらに、社会に対するアンチテーゼも同様で、「ここがおかしいよ、ニッポン」と、声高に、堂々とメディアに発信し続けている。

 カリスマ経営者の最大の魅力は、「スケールの大きさにある」と、ともに仕事をした人は口を揃える。自分には見えない、発想のできない先見性のあるビジネスを、信じられないスケールで熱く語ってくる。すると、「この人と一緒に夢を追いたい」「この人の夢を叶えてあげたい」と瞬時にほれ込んでしまうそうだ。

 フリースブームを巻き起こしたユニクロ成長期の立て役者で、現在はリヴァンプの代表パートナーである澤田貴司さんや玉塚元一さんも、カリスマ経営者の迫力にショックを受け、大企業をスピンアウトし、ユニクロに転職してしまった一員である。

 孫氏と一時期、パートナーシップを組んでいたベンチャー経営者は、「孫さんの魅力は、スケールがとてつもなくでかいことに尽きる。孫さんの夢に乗っかって、僕も大きくなりたかった」と語る。

コメント2

「“男っ前”コンサルが見たリーダーシップの美学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手