• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

良い映画を生むのはお金?ムード?人材?

20兆円市場を目指す「知的財産戦略本部」

  • 佐藤 紀泰

バックナンバー

2009年9月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政府は2015年をメドにコンテンツ産業の規模を現在の14兆円弱から、20兆円に引き上げる目標を掲げている。その司令塔が、内閣官房の知的財産戦略本部だ。

 コンテンツ産業の担当省庁である経済産業省の商務情報政策局長を務め、7月から知的財産戦略本部の事務局長に就任した近藤賢二氏に、コンテンツ大国への戦略などを聞いた。

(聞き手は佐藤紀泰=日経ビジネス編集委員)

 ―― 経済産業省時代から、コンテンツ産業の振興策でいろいろ手を打たれてきました。現状をどのように見ておられますか。

 近藤 今後の少子高齢化を考えれば、いかに1人当たりの実質GDP(国内総生産)を高めていくかが日本経済の課題になります。もし、同じ水準のまま推移していけば、経済成長はマイナスになってしまいますからね。

知的財産戦略本部事務局長・近藤賢二氏
画像のクリックで拡大表示

 では、どんな産業がその原動力になり得るか。そう考えると、コンテンツ産業には非常に大きな可能性がある。政府は、現在14兆円ぐらいの市場を20兆円にする目標を立てています。

 世界首位の米国は50兆円です。日本もかなりの規模ですが、海外収入で米国は8兆5000億円ぐらいある。日本は非常に少ない。

 コンテンツといっても、アニメ、映画、ゲーム、音楽と幅広い。スポーツ選手が突然、記録が伸びるように、ぐいっと伸びる可能性もある。それを支援していくということです。

誰かがお金を出せば映画が良くなるわけではない

 ―― 確かに最近はアカデミー賞とかでも日本の作品が高い評価を受けていますよね。

 近藤 今年のアカデミー賞では映画の「おくりびと」も、アニメ作品の「つみきのいえ」も選ばれたでしょう。あれはすごい快挙ですよね。映画は15年ぐらい前は本当に厳しかった。最近は邦画ですばらしい作品がどんどん出てきている。

 私も若いころから映画が好きで、「砂の器」とか「八甲田山」とかを見て感動した。それから長い時期低迷してきたが、最近はすごく活気が出てきた。

 これを言うと身もふたもないですけど、国内の映画業界が良くなったのは誰かが金を出したとかではないでしょう。良い映画を作ろうというムードがあって、すばらしい作品が出てきた。ただ、政府としては、こういう良い流れがでるように支援をしていきたい、ということです。

コンテンツは産業? 教育? 文化?

 ―― 政府の知的財産戦略本部も、近藤さんがいろいろ動かれましたよね。

 近藤 私がやったというか、いろいろな人がやろうと動いてくれました。ただ、しっかりとした政策を進めていくには内閣官房に置かないといけないと思いました。

 当時、自民党の政調会長は麻生太郎さんでした。いろいろお願いにも行きました。重要なのは、コンテンツ産業を振興しようと思うならば、省の壁を越えて動かないといけないということです。知的財産戦略本部は内閣官房にあるから、「何省の縄張りだ」といった争いに煩わされない。

コメント3件コメント/レビュー

最近の日本のコンテンツの力を実感していますが、この程度の認識は常識という感じがします。もう少し踏み込んだ意見や、戦略を披露して、なるほど!と思わせてほしいと思いました。(2009/09/07)

「ストップ!雇用崩壊」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最近の日本のコンテンツの力を実感していますが、この程度の認識は常識という感じがします。もう少し踏み込んだ意見や、戦略を披露して、なるほど!と思わせてほしいと思いました。(2009/09/07)

日本のアニメや古い映画が、ハリウッドリメイクの発想の素にだけ使われて、日本から世界へ発信できないのはなぜかというような発想にはあまりならないのですね。確かに脚本や構想に官僚の入れ知恵は要らないけど、何も支援をしておかないで「ほら見ろ、作り手に気合が足らないから出来が悪かったのだ。いいものを作りたいという気合さえ入れば出来るのだ」なんて、それこそ邦画ヒットと礼賛されるような2流のヤンキー映画みたいな発想で言われてもね。内実は、別の方も書かれているように、取りあえず売れてるアイドルを出して客をかき集めればいいや。アニメの声優は、下手でもいいから、声優を中心にやってきた人より、本当は声優を馬鹿にしているベテラン俳優や、やはりアイドルを出しとけばいいやという物ばかりですよね。だから海外には出しようがない。邦画ヒットなんて浮かれているとすぐ駄目になるように思いますが。(2009/09/07)

最近、邦画がブームだと言われていますね。邦画の力が上がってきたのかもしれませんが、アカデミー賞を取ったような映画や海外で評価された映画よりも、イチオシ若手芸能人が出ているような映画がやたらと映画館で流れているのは納得行かないですね。特にシネコンが主流になってから、評価の高い作品よりも広告宣伝費を多く割いている映画ばかりがラインナップにならぶようになりました。このあたりをもう少し修正しないと、日本の映画産業は国内需要を喚起できませんし、結局海外へ優秀な作品が流出することになるでしょう。(2009/09/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授