• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

当事者意識に欠けた社員はいらない

2009年9月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 景気悪化による消費不振、少子高齢化や人口減少に伴う国内市場の飽和、新興国の追い上げによる価格競争の激化、環境対応などで迫られる産業構造の転換――。現在、日本企業には様々な難題が突きつけられている。

 いずれの解決策も、過去の延長線上の発想やノウハウ本などにある借り物の知識で見つけることはできない。だが、株主に追い立てられる経営者や管理職は早急な解を求め、付加価値創造を担うべき従業員はノウハウ本やインターネットで安易な答え探しに走り回る。

 誰もが答えを求めるこの時代には、どのような人材が必要なのか――。それを探るため、日経ビジネスでは9月14日号で「急募!考え抜く社員 もう借り物の知識には頼らない」というリポートを組む。思考する社員を育てるために、それぞれの企業が何をしているのか、それをまとめた特集だ。

 この企画に先立って、企業に求められる人材について、経営者や識者の意見を掲載していく。2回目は独自の社員研修を進めている大手食品卸、菱食の中野勘治社長である。

(聞き手は日経ビジネス オンライン記者 篠原 匡)

 ―― 菱食は2008年以降、「トップガン・プロジェクト」という独自の社員研修を進めていますね。

 中野 このトップガンは、まさに自分の頭で考える社員を育てるための取り組みですよ。直属の上司も事情も知らない中、社員を突然、本社に呼びだして、「会社の10年後を考えろ」というテーマを与えるわけでしょう。その間、会社は何のアドバイスもしないんだよ。もう自分の頭で考えざるを得ないよね。

編集部注:大手食品卸の菱食は2008年以降、「トップガン・プロジェクト」(詳しくはこちらこちら)という取り組みを進めている。このプロジェクトの別名は「土壌改良プロジェクト」。自分で考え、結論を出し、行動に移す――。そういう土壌に、菱食の組織と社員を変えるための社長肝いりのプロジェクトだった。

 その取り組みは普通の社員研修とは異なる。2008年1月、全国から15人の中堅社員を選抜すると、「10年後、菱食が生き残るために何をすべきか」という漠然としたテーマを提示。その後、3カ月かけて、現状分析、課題発見、問題解決策をゼロベースで考えさせた。

 このトップガン・プロジェクトは既に3回を数えた。さらに、30周年を迎えた今年、菱食は企業ビジョンや行動規範を策定したが、この作業を主導したのも自主的に手を挙げた中堅、若手社員だった。同社の中野勘治社長が始めた「考える社員作り」は全社的な広がりを見せている。

 ―― 「何をどう考えればいいのか、それ自体がわからない」という戸惑いの声も多かったようですね。

 中野 だからいいんじゃないの。この衝撃的な手法によって、社員の目は完全に覚めたと思うよ。この取り組みを1回だけで終わらせないために、全国を5つのエリアにわけて、それぞれの地域ごとに2回目のトップガンを行いました。一部の限られた人間だけだったトップガンを全社展開したということですね。

「考える土壌」は波紋のように広がった

中野 勘治(なかの・かんじ)氏
1939年7月、愛知県生まれ。62年に日本冷蔵(現ニチレイ)入社、93年常務、95年専務。2003年10月、菱食とニチレイの合弁会社、アールワイフードサービスの社長に就任。2006年10月、菱食がアールワイフードサービスを合併したことで菱食の副社長になる。2008年3月、同社社長に就任した
(写真:村田 和聡、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 中野 昨年12月には「Newborn 30 Project」というプロジェクトを立ち上げました。この会社には、創業時に作った「消費と生産を結ぶ価値あるかけ橋」という企業ミッションがありますが、このミッションを受けた企業のビジョンや社員の行動規範はありませんでした。8月1日に創立30周年を迎えることを機に、今後30年のビジョンと行動規範を作ろうと思ったんですよ。

 このプロジェクトを進めるにあたっては、35歳ぐらいまでの男女を社内で公募しました。20人ぐらい集まったのかな。その後、トップガンと同様にビジョンや行動規範を考えてもらった。そうしたら、見事なものができあがりましてね。一連の取り組みによって、菱食の中に考える土壌ができたことは確かでしょう。

 ―― 1回で終わらずに、矢継ぎ早に進めたことが大きな要因ですね。

コメント9件コメント/レビュー

掲載されていることは、いずれも正論で、かくあるべきといったことです。いろいろな企業でこのような取り組みがされていますが、それがなかなか実を結ばないのが日本の実情ではないかと感じています。考え抜いた結果を企業トップがうまくリスク計測し、「やってみなはれ」と従業員の背中を押して上げられるか、また、結果的に失敗となっても更に、考え抜き提案をする活動の後押しを精神的に続けていけるか、などが重要ではないかと思います。そういったことは、本当に謙虚なトップでないとできないと思いますが、日本にそういったトップがどのくらいいるのか不安になります。(2009/09/12)

「急募!考え抜く社員」のバックナンバー

一覧

「当事者意識に欠けた社員はいらない」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

掲載されていることは、いずれも正論で、かくあるべきといったことです。いろいろな企業でこのような取り組みがされていますが、それがなかなか実を結ばないのが日本の実情ではないかと感じています。考え抜いた結果を企業トップがうまくリスク計測し、「やってみなはれ」と従業員の背中を押して上げられるか、また、結果的に失敗となっても更に、考え抜き提案をする活動の後押しを精神的に続けていけるか、などが重要ではないかと思います。そういったことは、本当に謙虚なトップでないとできないと思いますが、日本にそういったトップがどのくらいいるのか不安になります。(2009/09/12)

この記事で書かれているのはごく当たり前のこと。この当たり前が社会で当たり前でなかったことこそ問題だと思う。当事者意識を持って、というのは、つまり自分がオーナー経営者だったら、今の自分の仕事で何が必要と考えるだろうか、今の状況下でどういう経営判断をしていくか、といった全体性に向ける目を持っているかどうかということだ。お客さんの立場になって、もそう。しかしほとんどの会社員は、会社と契約して、労働力を引き換えに金と生活の安定をもらうということが働くことだと思っている。だから自分個人の損得でしか仕事をしない。自分個人の範囲をでて、社会に利益をもたらしているという創造的で主体的な意識を持つには、社員が会社を自分のファミリーと同じように考えられるかどうかが鍵だ。その一歩として、会社側も単なる歯車として考えてないのか?社員を人間として大事にしてきているのか?をもっと真面目に考えていかないと、貢献しようと自分を与えてくれる、そうした人材は当然育たない。概して、自発的に自分でモノを考える社員のいる会社は、社員を人間として大切にあつかっている会社である。大企業は金以外の面で精神性や人間性で社員を大切にしないから、会社に貢献せず、ただぶらさがる寄生虫的社員が増えてしまう傾向にある。(2009/09/10)

共感する事が多かったです。言われたとおり社員、言い訳社員、具体策のない抽象論良い格好しい社員、批判精神を棄て諂いに撤するヒラメ社員、処世術のみ社員が多く昇進し萎えていく大企業の実体の中に居ても仕事生活で工夫と発見と働き掛けを怠らない姿勢を持ち続ける勇気がづけになる記事でした。(2009/09/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長