• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

楽天的すぎる「いつか我が社にミキタニさん」の幻想

ヒーローは隣の人の中に「も」いる

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2009年9月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 チームや組織の中で、誰かをリーダーと定めると、必然的に他の人たちはフォロワーという位置づけになります。

 たしかに役割上はそうなのです。しかし、選ばれたリーダーがメンバーたちをどう認識するかは、また別の話。

 「自分はリーダーだ。彼らはフォロワーだ」か、「自分はリーダーだ。でも、彼らもまたリーダーなんだ」か。

 リーダーの認識のしかたによって、メンバーの位置づけはまったく違うものになります。

 この連載コラムの第1回でもお伝えしましたが、私はリーダーシップを、すべての人の中に必ず存在するものと考えています。

 リーダーシップとは、「一人では実現できない何かを実現するために、周囲の人に働きかけ、その協力を仰ぎ、現実のものとすることである」。こう定義すれば、リーダーシップを発揮することなく日々生きている人など誰もいないからです。

 昼ご飯を食べるのに誰かを誘う。会社のちょっとした問題を解決するため議論の場をつくろうと周りに働きかける。

 「実現したいことがある。でも一人では難しい。よし、あの人に声をかけよう」。これでもう「リーダーシップ」なのです。

質問が、部下の中に「リーダーシップ」を作り出す

 真のリーダーは、このことをよくわかっています。だから決して、「自分はリーダー。君たちはフォロワー」という姿勢をとりません。メンバー個々人の中にあるリーダーシップを、いかに強く、大きく、このチームの中で開花させるかということについて思いを巡らせます。

 メンバーをフォロワーとして見ているか、はたまたリーダーとして見ているかは、そのリーダーがメンバーに対してとっているコミュニケーションを観察すると、すぐにわかります。

 メンバーをフォロワーとしてしか見なしていないリーダーのコミュニケーションは、指示命令が多くなります。「これをしろ。あれはするな」と。

 このときリーダーには、「自分のビジョンを実現するために、それぞれが担っているパートを確実に果たしてほしい」という意識が働きます。

コメント0

「鈴木義幸のリーダーシップは磨くもの、磨けるもの」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)