• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

クールだって?今や“冷え切ってしまった”コールドなジャパン

出井伸之氏に聞く(前編)「許認可商圏に巣ごもる大企業」

  • 細山 和由,黒澤 俊介,瀬川 明秀

バックナンバー

2009年10月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネスオンラインでは10月20日(火)より、10回にわたり「COLD JAPAN(コールド・ジャパン)~クール? コールドな日本産業の処方箋」を送る。

 新たな政権を迎え、気分も新たに成長を進めようとしているニッポン。しかし、一方で、停滞する国内市場のもと喘いでいる企業も多く景気の先行きが不安視されている。「クール=カッコいい」ジャパンと呼んでいるわりには、内情は冷え切っており、なにか新しい世界との関係や突出したビジネスを誰もが渇望してやまない状況となっているようだ。

 本連載では、最新の事例やケース=症例を豊富に取り上げながら、「巣ごもり」「ガラパゴス」などと揶揄される「コールド」なニッポンの現状を理論的な切り口で分析、《コールド・ジャパン》脱却と新たな成長のための「処方箋」を提言していく。本連載が、国内市場の凋落を前に、気分新たにこれからの成長を模索している企業の経営幹部やキーパーソンの方々のヒントになれば、望外の喜びである。

 連載をはじめるにあたって、まずは日本発のグローバルビジネスを代表する企業の一社ソニーの社長・会長を歴任する一方、日本人でありながらGMやネスレなどの世界企業の取締役を務め、現在は中国最大の検索エンジン百度(バイドゥ)などの取締役も担う出井伸之氏にインタビューを試み、稀代の「国際派」経営者には、最近の日本はどう見えるのかを質してみた。

社名を「国際化」するだけでニッポンは変わる?

 ―― 最近よく「クール・ジャパン」(注1)という言葉を耳にします。ジャパンはすごくクールだと言っている人たちも多いようですが、一方では「ガラパゴス」とか「巣ごもり」といって日本の国内だけに閉じたビジネス、企業も多い。国内市場が停滞し、成長が鈍化、元気がなくなってきている気がします。私たちはそれをこの連載で《コールド・ジャパン》と呼んでいるのですが、いつも世界を股に動き回っておられるジェット・セッターの出井さんから見て、《コールド・ジャパン》現象についてどうご覧になられますか。

出井 伸之(いでい・のぶゆき)氏
1937年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、60年にソニー入社。95年に社長就任。99年からCEO(最高経営責任者)を兼務。2000年に会長兼CEO。2005年に退社し、最高顧問に。2006年、クオンタムリープを設立し、代表取締役に就任。他にアクセンチュア、百度(Baidu)、フリービットなどの社外取締役、美しい森林づくり全国推進会議の代表を務める。主な著書に『非連続の時代』(新潮社)など。最新刊は『日本大転換―あなたから変わるこれからの10年』(幻冬舎)
(写真:菅野 勝男、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 出井 日本の会社が元気なく精神的に閉鎖的になっている1つの要因は社名にあると思っているんですね。

 例えば、一応、民間企業になってきているんだけれども、地域的に地域免許みたいになっているところがありますよね。東京電力、東京ガスなど「東京」とついている。JR東日本とかJR東海とかJのつく会社もそうです。社名からいって日本しかやらないぞ、と宣言しているようで・・・。そういえば、「日経」も日本経済の略ですね。

 ―― あ(笑)

 出井 こういう、みずから視点を日本に向けちゃっうようなことは止めようって前からいっているんだけど。もともとは日本全体を見ていて、分割されたらその地域だけに視点が向いてしまう。だからNTT東日本といえば・・・。

 ―― 東日本しか見ない?

 出井 通信なのに地域ごとに分けるというのは・・・。今の時代には対応できなくなってしまうと思う。JRとは違うわけで(笑)。そういう不可思議なプライベート化が起こった会社と、もともと制限はなく本当に海外に出ていきたいなと思っていたが出ていけなかった会社があるんですよね。

 ―― 巣ごもり”企業になる1つの要因は社名をつける段階からあった、というわけですね。

 出井 まぁ、自分から名前で決めて海外に飛び出さなくて良いと思い込んでいる会社が多いというのは事実だと思うんです。それは非常に不幸だと思うんですよね。

 興味があるので僕もそういう会社のトップによくお会いしに行くのですが、では「グローバルに働きたい人がいたらどうするんですか」とお尋ねすると「社内募集制もあるし海外事業部もある。だから海外に出ていないわけではない」と答えてくれます。しかも、社員はやる気があるんですよ。いい人が集まって、良いプロジェクトがあったら社内募集をして、プロジェクトが動く体制になっているようです。

 どこの会社も同様だと思うんですよ。1人とはいえ海外駐在の事務所か何かが世界に広がっていて、海外展開をおこなっている。だけど、その発想が日本発でしか考えてないという点が大きいのかもしれません。その点がちょっと残念ですね。

 ―― となると、大企業の社長の方々も“巣ごもっ”ていると感じていないかもしれませんね。

 出井 「コールド」とは感じていないと思いますよ。逆に「コンフォータブル」だと思っているかもしれない(笑)。みずからのポジションが明確ですから。

 つまりこうした、東京とか九州とか地域がついているのと、日本とかJとかが付いている会社を国際化すると、日本の意識、パワーは相当上がるのではないかなと思います。

 ―― 社名に地名やJがつく、という意味では公共団体などの発想も変えないといけませんね。

インフラを早く輸出すれば良かった

 出井 東京に帰ってきて有り難いと思うのは安心して水が飲めることです。東京都水道局が一生懸命やって下水も詰まらない。こういった仕組みをもっと早く輸出すれば良かった。

コメント17

「COLD JAPAN(コールド・ジャパン)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長