• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

シカゴ惨敗が意味すること

オリンピック招致・熾烈な戦いの舞台裏(下)

2009年10月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月2日にデンマークのコペンハーゲンで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会で、2016年に開催される第31回オリンピックがリオデジャネイロ(ブラジル)で実施されることが決まりました。 

 前回のコラムでもご紹介したBidIndexでは、最終投票の4日前に最新のスコアが発表されていたのですが、それによるとオバマ大統領のIOC総会への出席が明らかになったことにより、シカゴがスコアを上げてリオとの一騎打ちの様相を呈していました。

画像のクリックで拡大表示

 ところが、ふたを開けてみると、有力候補のシカゴが、投票第1ラウンドでまさかの落選となりました。逆に、最初に落選すると見られていたマドリードが最後まで残ったことも、意外な展開でした。

 今回のコラムでは、2016年オリンピック招致活動や開催地決定投票を振り返り、そのプロセスを通じて垣間見られたオリンピックの変化の兆しを見てみることにします。

浮動票を確実に取り込んだリオ

 今回の投票での票の動きを振り返ってみます。

2016年夏季オリンピック開催都市決定投票

都市 投票結果
第1回 第2回 第3回
リオデジャネイロ 26 46(+20) 66(+20)
マドリード 28 29(+1) 32(+3)
東京 22 20(-2)  
シカゴ 18    
注)青の網掛けは最多得票、赤は最少得票(落選)、カッコ内は票の増減
出所:GamesBids.com

 上表を見ると分かるように、第1ラウンドで最多得票(28票)を獲得したのは意外にもマドリードでした。予想以上に健闘した背景には、IOC総会当日、4都市最後となったマドリードの演説でサマランチ前IOC会長が「私は89歳になる。先は長くない。どうか2016年オリンピック開催の名誉を与えて欲しい」と訴えたことで同情票が集まったとの見方もあります(マドリードはサマランチ元IOC会長のお膝元)。

 第1ラウンド2位はリオの26票、次いで東京が22票で、18票と最少得票だったシカゴが落選しました。つまり、この時点でリオと東京の差はわずか4票だったわけです。

 しかし、第2ラウンド以降を見てみると、浮動票がほとんどすべてリオに流れていることが分かります。決選投票では、リオは第1ラウンドから40票も得票数を増やしていますが、マドリードはわずか4票増やしただけでした。残念ながら第2ラウンドで落選した東京は、逆に票を2つ減らしていました。

 つまり、リオの勝因は、落選した都市を推していたIOC委員の浮動票を確実にモノにした点にあると言えます。

コメント8件コメント/レビュー

東京をオリンピック都市にしよう。東京は過密しすぎていて、もう発展しない。遷都をして、天皇陛下は本来の京都へお戻りいただき、国会や最高裁も新しい首都へ移す。東京は歴史的な建物を中心とした歴史観光都市とし、今後は文化的な建物以外作れないように規制する。東京の本社は禁止し、立ち退きさせる。どこか決まった都市へうつるのではなく、アメリカのように各地にメジャーな会社の本社があるようにする。そして、あいた土地にオリンピック施設を作る。東京の非首都化こそ、日本全体のためにも、東京に住んでいる人のためにもなる。現在の東京は人間の住むところではない。即刻、地方から出て来た人たちを追い返し、もともとの江戸っ子のみが住む歴史都市にすべし。東京は、奈良や鎌倉のような町にすべきである。東京都から江戸府に戻してやるのが、お互いのためである。(2009/10/11)

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「シカゴ惨敗が意味すること」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

東京をオリンピック都市にしよう。東京は過密しすぎていて、もう発展しない。遷都をして、天皇陛下は本来の京都へお戻りいただき、国会や最高裁も新しい首都へ移す。東京は歴史的な建物を中心とした歴史観光都市とし、今後は文化的な建物以外作れないように規制する。東京の本社は禁止し、立ち退きさせる。どこか決まった都市へうつるのではなく、アメリカのように各地にメジャーな会社の本社があるようにする。そして、あいた土地にオリンピック施設を作る。東京の非首都化こそ、日本全体のためにも、東京に住んでいる人のためにもなる。現在の東京は人間の住むところではない。即刻、地方から出て来た人たちを追い返し、もともとの江戸っ子のみが住む歴史都市にすべし。東京は、奈良や鎌倉のような町にすべきである。東京都から江戸府に戻してやるのが、お互いのためである。(2009/10/11)

東京が敗れてまずは万万歳です。東京オリンピックの時期に整備されたインフラの更新時期がそろそろだから、より予算を分捕りやすいオリンピックという御旗を担ごうという下策は阻止されました。インフラの更新にそういったお題目が必要なのか? ほんとに必要不可欠なインフラであればもっと説明を費やし、広く合意を取り付けた上で進めるべきではないのか? あるいは緊急性があるのであれば、それはイベントの勢いに任せて進めるのではなく、政治家が自ら責任を背負って進めるべきではないのか? オリンピックの美名の下、補正予算のように無関係なものまで紛れ込んでいた東京都の魂胆が潰えたのはなんとも喜ばしいかぎりです。 今後はオリンピックが、こうした整備事業のお題目として政治的に扱われることのないように期待したいところですが、そもそも「平和の祭典」とやらが、経済効果などのソロバン勘定で是非が論じられる状況下では無理でしょうね。世論がそうした損得感情で左右されるようになったことも、もはやオリンピックに対する情熱を失っていると言えるのではないでしょうか。(2009/10/09)

サマランチ元オリンピック「天皇」の影響力はすごいものだった。それに東京とシカゴは負けた。北京、ロンドンとくれば、マドリードと東京が落選するのは、だれが考えても当たり前。つまり、シカゴとリオの一騎打ちだったのであるが、サマランチ・パワーでシカゴが追い出された。シカゴが落ちたのは、最終的にはアメリカ発の不況のためであった。オバマが行こうが行くまいが、関係ないのである。リオは何度も手を上げている。東京も本気で誘致するなら、今回は落ちて当たり前の前哨戦である。次こそ本番である。落ち込む暇はない。今回の落選は、次回の布石である。がっくりするのは、石原都知事だけで良い。(2009/10/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長