• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ディスカウント合戦で生き残れるのか?

話題になっても、長続きしないカラクリ

  • 大久保 恒夫

バックナンバー

2009年10月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 景気低迷で消費者の低価格志向が強くなっていく中で、小売業はディスカウント傾向を強くしている。リーマンショック後、売り上げが低迷している小売業は、ディスカウントすることによって売り上げを増やそうとしているのである。

 しかし、その結果は悲惨である。ディスカウントにより売上数量は増えたが、商品単価が下がり、売上金額は伸びなかった。ディスカウントしたので、売値から仕入値を差し引いた粗利額が減少し、売上数量が増えたので作業が増加し、経費が削減できず、大幅な減益になる小売業が続出している。

 ディスカウントにより一時的に少し売り上げが伸びた小売業あったが、ここへ来て多くの小売業の売り上げが低下傾向になってきている。ディスカウント合戦になり、一部の小売業を除いて、ほとんどの小売業が泥沼でもがいている状況になっている。

 ディスカウントしているのに、なぜ売り上げが増えないのだろう。私はコンサルタントや経営者として数多くの事例を知っているが、私の経験で言うと、ディスカウントして売り上げが増えた経験はない。一時的に売り上げが伸びることはあったが、だいたい3カ月か6カ月もすると売り上げが低迷してくる。何回も経験したから身にしみている。

身を蝕む「麻薬」のようなもの

 なぜだろう。具体的な話で説明してみよう。あるお客様が「濃口醤油」1リットルを158円で特売をしていたから買ったとしよう。定価価格が238円、普通の特売では178~198円だった。

 このお客様が買った理由が、いくつか考えられる。まだ家に在庫はあるけど、特別に安いから買った。これは、需要の先食いである。将来売れる需要が、今発生して売れただけ。だから、将来の売り上げと合わせて考えると、売り上げが増えたとは言えない。

 むしろ、将来の時点で家の醤油が切れそうになったから買いに来たとしたら・・・、198円でも買ったかもしれないのが158円になったのであれば、売り上げは減少することになる。

 小売業は固定客からの売り上げが大半である。基本的には固定客からの売り上げを増やさないと、全体の売上金額は伸びない。158円で安く醤油を買ったからといって、多めに醤油をかける人はいない。1人当たりの醤油の消費量は同じだから、単価が下がった分、売り上げは下がるのである。

 それ以外の買った理由として、いつもは丸大豆醤油が好きで買っているけれども、あんまり安いから今回は158円の特売の醤油を買った人もいるかもしれない。これはスイッチである。

 もっとも、商品単価は丸大豆醤油の方が、濃口醤油よりも高い。固定客で使う量が同じであるから、スイッチによって単価が下がっただけ、売り上げは減少する。

 競争相手から売り上げを奪うのだという考え方もできる。これなら売り上げが増えたことになる。チラシで安い価格をアピールし、お客様がいつもは行かない店で商品を買えば、競争相手の売り上げを奪って自店の売り上げにつなげたことになる。

 しかし、残念なことに、これも長続きしないことが多い。競争相手が黙っていないからである。他店がディスカウントして自店の売り上げが落ちたとなると、対抗してディスカウントしてくる。価格で奪ったお客様は、価格で奪い返される。こちらの店が気にいって買っていただいたのではなく安いから買っただけだから、他店で安売りをしていればそちらに行ってしまうのだ。

 店舗をディスカウント業態に変換した時にも、一時的には売り上げは伸びても、1年ぐらいすると売り上げが低迷することが多い。

コメント8件コメント/レビュー

高齢化で胃袋が小さくなっているとの表現がありましたが、近頃は非高齢者でも胃袋が小さくなってる例が多々あるのではと思いました。私、30代独身男性ちょいメタボでありまして、健康を考えたらカロリーを控えねばならん状況です。低カロリーの物を今までと同じ量食べるか、普通のカロリーの物を少量食べるか、、、となると、低カロリー化した加工商品は若干お高い商品が多くて沢山食べる(買う)のは厳しい。そこで食べる量を減らす(例えば3分の2)にするなら、その分(1.5倍まで)ちょっと良い食品を買って、”満腹”の代わりに”おいしい”で食への欲望を満たそうと考える。ディスカウントを売りにしたお店には、この「ちょっと良いもの」が売ってない。成城石井さんは、ちょうどそのあたりのニーズを満たしてくれています。対メタボ意識が高まっている現状、私同様の人間は少なからず居るのでは無いかと思います。 商品以外でも、この「他の店ではあまりうってない」、「ちょっと良いモノ」、「そこそこお安い」あたりのニーズはまだまだ潜在してる気がしますね。 先日、成城石井に寄ったついでに、今まで直営店でしか売ってなかった「ちょっと良い紅茶」が、ディスカウントされてたんで、おもわずちょっと背伸びして買ってしまいました。他にも同様の業態が増えて、ディスカウント競争してくれるともっと嬉しかったりしますがw(2009/10/20)

「小売業に夢を翔けて」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

高齢化で胃袋が小さくなっているとの表現がありましたが、近頃は非高齢者でも胃袋が小さくなってる例が多々あるのではと思いました。私、30代独身男性ちょいメタボでありまして、健康を考えたらカロリーを控えねばならん状況です。低カロリーの物を今までと同じ量食べるか、普通のカロリーの物を少量食べるか、、、となると、低カロリー化した加工商品は若干お高い商品が多くて沢山食べる(買う)のは厳しい。そこで食べる量を減らす(例えば3分の2)にするなら、その分(1.5倍まで)ちょっと良い食品を買って、”満腹”の代わりに”おいしい”で食への欲望を満たそうと考える。ディスカウントを売りにしたお店には、この「ちょっと良いもの」が売ってない。成城石井さんは、ちょうどそのあたりのニーズを満たしてくれています。対メタボ意識が高まっている現状、私同様の人間は少なからず居るのでは無いかと思います。 商品以外でも、この「他の店ではあまりうってない」、「ちょっと良いモノ」、「そこそこお安い」あたりのニーズはまだまだ潜在してる気がしますね。 先日、成城石井に寄ったついでに、今まで直営店でしか売ってなかった「ちょっと良い紅茶」が、ディスカウントされてたんで、おもわずちょっと背伸びして買ってしまいました。他にも同様の業態が増えて、ディスカウント競争してくれるともっと嬉しかったりしますがw(2009/10/20)

安もんには琴線に触れるものが少ないですな。安いけど。(2009/10/19)

小売店が生き残っていく為には「独自色を出し続ける」ことが重要だと思います。例えば、ディスカウント店として生き残る為には、「他より安く売り続ける」。その為に絶えず「コスト削減努力をし続ける」。続けることが出来なければ、その分野で勝ち抜くことはできません。人材の質が企業の生き残りを左右するというのは、至極当たり前のことです。優秀な人材は「新しい価値を提案し続ける」からです。ユニクロの成功は、「新しい製品を投入し続け、顧客を飽きさせなかった」からです。飽きなければ単価は下がりません。(現在ユニクロはブランド化にも成功し、他の投稿にもあるとおり単価を上げています)余談ですが、日経ビジネスのコラムの中で、自らが社長(現職)を務める会社を取り上げるのであれば、文中に断りを入れるべきだと感じます。(2009/10/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授