• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

episode:29
「土地も立派な社屋もあるのに、ほんとに潰れてしまうんですか」

  • 阿川 大樹

バックナンバー

2009年10月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

12年ぶりに大日本鉄鋼に戻った旭山隆児(あさひやまりゅうじ)の新部署、第三企画室の出社禁止期間が明けた。風間麻美(かざまあさみ)と楠原弘毅(くすはらこうき)の話を元にビジネスモデルの検証を始めた3人。麻美は茅ヶ崎ガレージ村のビジネスプランを具体化させつつあった。本社管理部の日枝に呼び出された旭山は、大日本鉄鋼の危機を打ち明けられる。

「ちょっと重大発表をしたいので集まってくれないか」

 昼食からもどると、旭山さんから声がかかった。

「もしかして再婚するんですか?」

画像のクリックで拡大表示

 突っ込みを入れたのは風間さんだ。その言葉の裏に動揺がないかどうかちょっと表情をうかがう。観察の結果は不明。

「再婚かあ。おれはもういいなあ」

「奥さまを愛していらっしゃるんですね」

「僕らの年代の男は、そういう質問に人前で〈ハイ〉とはいわないことになっている」

「じゃあ、こんど内緒で教えてください」

 風間さんが〈内緒で〉というところに妙なアクセントを置くから、旭山さんはちょっと返答に困った様子を見せた。

 三人しかいないから、旭山さんのデスクの脇にある空きデスクが、たいていは第三企画室の会議室になる。

 すまし顔の風間さんは、椅子に座ったまま膝下を尺取り虫のように動かしてそのデスクの定位置まで移動し、弘毅はそれを横目に、溢れそうなくずかごをスノボのスラロームのように避けながら、椅子を台車のように押していって席に着く。

「ふたりともちょっと落ち着いて聞いて欲しいんだ」

 ふだんと変わらない二人を前にして、わざわざそういう言い方をするくらいだから、旭山さんは少し落ち着きを失っている。

「重大発表ってなんですか」

 何度かツバを飲み込んでなかなか言葉を発しない旭山さんを、風間さんが促した。

「この三人で新しい会社を作る」

 なんだって?

「大日本鉄鋼から抜けるんだ」

コメント3

「第三企画室、出動す ~ボスはテスタ・ロッサ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO