• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第2回 トヨタ志望の人材は、ホンダよりもパナソニックで幸せになる

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2009年10月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月1日、各社において来春入社予定者の内定式が行われました。もちろん新入社員を採用した会社に限った話ですが。日本経済新聞が行った調査によれば、内定者数は今春に比べ34%も減ったそうです。不況で採用を見送った会社にとっては、静かで感慨深い1日だったのではないでしょうか。

 中途採用市場も風前の灯(ともしび)です。昨年の夏くらいまでは新聞の日曜版に溢れんばかりに掲載されていた求人情報が、今年に入ってからは見る影もありません。人材紹介会社を経営する知人も、未曾有の危機に直面して、大幅な人員削減という苦渋の決断を行い、安いオフィスへと引っ越して生き残りをかけています。

 トンネルの出口はまだ見えませんが、人材採用がなくなることはありません。会社はそもそも人でできているからです。いずれ定年や転職、その他の事情で辞めていく人が出てくると、効率化を進めつつも補充が必要になります。会社を再び成長路線に乗せるためには新規採用が不可欠です。

 ものは考えようで、容易に会社を移ることのできない今の時期こそ、自分にとってどんな会社や仕事が向いているのかを冷静に考えられるチャンスです。

会社側が採用選考時に最も重視している要素

 経団連が会員企業に対して毎年実施している「新卒者採用に関するアンケート調査」によれば、採用選考時に重視する要素の第1位は6年連続で「コミュニケーション能力」だそうです。ちなみに第2位は「協調性」、以下3~5位は「主体性」「チャレンジ精神」「誠実性」と続きます。

 アンケート項目の設定の問題もあるでしょうが、企業側が求めている要素は、能力やスキルに寄っているように感じます。確かに仕事をする上で、それらの要素は大切なことでしょう。過去の採用と入社後の経験則から、日本的な組織において高いパフォーマンスを期待できる要素と見ているのです。しかし人は能力さえ高ければ、その会社において高いパフォーマンスをもたらしてくれるでしょうか。

 プロ野球でも世界のサッカーチームにおいてもそうですが、高い能力をもった選手だけを買い集めても、彼らがチームとして機能しなければ優勝どころか上位にさえ入れない事実を私たちは知っています。

 優勝するチームには、チームとしての哲学があり、監督の信じる戦術があり、これに共感してプレーする選手がそろっています。それは会社という組織にとっては、「目的」であり「価値観」です。目的と価値観を共有し、チームとして高いレベルで機能するからこそ、高いパフォーマンスを生むことができるのです。

 すなわち、会社が採用選考時に重視すべき要素の第1位は、「コミュニケーション能力」と同じかそれ以上に、「目的と価値観=企業理念への共感」なのではないでしょうか。

コメント6件コメント/レビュー

残念ながら企業理念に惹かれて入社する人はあまりいない気がします。社名(地位)・業種・収入 ⇒殆どがこれらです。(注:ゼロではありません。十年程前の実感として採用試験で志望理由を聞かれた際に、企業理念に共感しただけでは自分の強みがアピールし難いのです。)■逆説的になりますが、企業理念に賛同して入社するわけではないから、企業側も企業理念をそこまで重要視していない。企業理念と実態のあっている企業もありますが、実態は異なる企業も散見します。■ニワトリとタマゴではありませんが、企業理念に会社を近づけるのが先か、企業理念を前面に押し出した採用をするのが先か。 dsnk(2009/10/14)

「武田斉紀の「企業理念は会社のマニフェスト」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

残念ながら企業理念に惹かれて入社する人はあまりいない気がします。社名(地位)・業種・収入 ⇒殆どがこれらです。(注:ゼロではありません。十年程前の実感として採用試験で志望理由を聞かれた際に、企業理念に共感しただけでは自分の強みがアピールし難いのです。)■逆説的になりますが、企業理念に賛同して入社するわけではないから、企業側も企業理念をそこまで重要視していない。企業理念と実態のあっている企業もありますが、実態は異なる企業も散見します。■ニワトリとタマゴではありませんが、企業理念に会社を近づけるのが先か、企業理念を前面に押し出した採用をするのが先か。 dsnk(2009/10/14)

企業理念と自分の人生哲学とが一致していた会社に就職できました。しかし、配属になった先が部門ごと同業他社へ売られました。売られて4年が経ちますが、いまだに現在の会社は好きになれません。ここから飛び出すかどうか、悩む毎日です。(2009/10/13)

この国では一流企業志望者で貴殿ご指摘の企業理念に魅かれて入社する人間など、技術畑のホンの一部のみだろう。小生は1970年後半、海外業務中心の都市銀行でこれら4社のほか東芝、日立、日産を4年内外一元的に統括担当し、企業風土と海外展開適性をツブサにチェックしたので、確信あり。多くは入社後の体験、個性の乏しさで会社に支配され、和して同じたのが真相だろう。貴殿の最初の退社は多分性格の不一致(貴殿の個性の強さ)だろう?論より証拠。昨日の日経BP ONLINEのトヨタ新社長独裁者論を一読すれば、一目瞭然だ。貴説のトヨタ=松下、ホンダ=ソニーは同感。4社とも30年間国際化では殆ど進歩なき感強し。妄言多謝!(2009/10/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問