• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第4回 年間300万人が訪れた「旭山動物園」の強さの秘密

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2009年10月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私は「地域を元気にしたい」「地域の観光を何とかしたい」という趣旨で、日本全国の自治体や団体の方から、講演やワークショップを依頼されることがあります。

 そんな時、あらかじめ地域の強みや弱みについて整理しておいてもらうのですが、多くの地域で必ず弱みとして挙げられる点があります。それは「大都市圏から遠い」ということ。「飛行機を使っても現地まで3~4時間かかるのに、東京から人なんて来ない」とあきらめているのです。そこで、私が決まってお話しするのが北海道旭川市営の旭山動物園の事例です。

 旭山動物園はここ数年のマスメディアの報道もあって、全国で最も有名な動物園の1つになりました。何度もドキュメンタリー番組に取り上げられ、2008年には『旭山動物園物語~ペンギンが空をとぶ』という映画にまでなっています。

 先月ある地域で講演した際にも、「弱みの1つは大都市圏から遠いこと」という声があがったので、私はさっそく会場に集まった方々に質問をしてみました。「みなさん旭山動物園はご存知ですか。では東京から行くのに、どれくらい時間がかかるか知っていますか?」

東京の真ん中にある上野動物園がライバル?

 東京駅からスタートしても、旭山動物園までは4時間近くかかります。これは旭川空港から日に2本だけ運航している直行バスに乗れたとしての所要時間です。これをはずすと、一旦JR旭川駅まで出てから市内バスを乗り継ぐ必要があるのでもっとかかります。

 同じ東京駅から電車で10分もかからない上野には、入園者数日本一の上野動物園があります。その上野と旭山の入園者数の差は、近年縮まってきています。

 不況の影響は動物園も例外ではなく、旭山は前年度の約307万人から10%減らして2008年度は約277万人。上野は17%減の約290万人。“安近短”でむしろ不況に強そうな上野の減り方を思えば、全国から人を呼んでいる旭山の落ち込みは健闘に値します。

 上野動物園の減少には、ジャイアントパンダの最後の1頭リンリンが2008年4月に亡くなった影響も大きいそうです。旭山にいる動物種は上野の約3分の1。後でお話ししますが、理由があってパンダやコアラ、横浜のズーラシアで有名になったオカピなど、一般的に人気のある珍しい動物は旭山にはほぼいません。

 動物園には100キロルールというのがあるそうです。100キロ離れたところから人を呼ぶことは難しいという意味です。しかし今や、旭山動物園を訪れている人の多くは、東京や大阪や、全国各地の人なのです。

 旭山を思えば日本中の観光地は、「大都市圏から遠いので人が来ないんだ」という言い訳ができなくなります。地方の端にあって、ろくに予算もない市営の動物園が、単独でこれだけの人を集めているのですから。

動物園入り口

 上野動物園は何度も行ったことがあったのですが、私は数年前に両方を訪ねて、比較してみたことがあります。上野動物園はかつてに比べてずいぶん頑張っていて、面白い生態が見られる「ゴリラのすむ森」やペンギンのエサやりなど、動物好きならまる1日いても飽きないほど楽しめます。個人的には、ゴリラの表情がとても豊かなのが印象的でした。

 一方の旭山動物園には、羽田発朝7時台の飛行機に乗りこんでめざします。行ったことがある方はみなさん感じたと思いますが、入口はとても地味、山の麓なので傾斜があって園内もさほど広くはありません。行き交うのは観光客と園内を巡回している飼育係の人たち、ごく普通の公営動物園です。年間300万人近くがなぜ訪れるのか、にわかには理解できません。

コメント4件コメント/レビュー

新しい顧客創造したケーススタディとして,経営学,事業戦略などの分野で必ず,取り上げられています。ボトルネックに対して,ちょっとした工夫や涙ぐましい努力が結実した成功例。でも,そこにたどり着くまでには,様々なハードルや問題解決までのあくなき執念が必要なのだと痛感しました。(2009/10/27)

「武田斉紀の「企業理念は会社のマニフェスト」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

新しい顧客創造したケーススタディとして,経営学,事業戦略などの分野で必ず,取り上げられています。ボトルネックに対して,ちょっとした工夫や涙ぐましい努力が結実した成功例。でも,そこにたどり着くまでには,様々なハードルや問題解決までのあくなき執念が必要なのだと痛感しました。(2009/10/27)

かつては道央のツアー旅行に素通りされていた動物園です。今ではツアー客は園内滞在時間が3時間(?)くらいでも、駆け足で目当ての動物に会いに行きます。人気が出てからは、さまざまな相乗効果の恩恵も当然あったと思いますが、そこにたどり着くまでの道のりには、どれほどの試行錯誤があったことかと想像します。目指す方向がぶれずに、くじけなかった職員の皆さんの強い思いを感じます。(2009/10/27)

道産子であるが、大阪在住のため旭山動物園に行ったのはつい2年前。小さな動物園で歩き回るのも楽、な割りに狭いとは感じない。確かに交通の便はよくないが、駅前や空港から直行バスなどが出ていていたり、関連グッズが動物園以外でも買えるなど、地元との協力体制が整っている。動物園同士の横の繋がりもあると聞いているので、他の動物園でも旭山動物園のアイディアは活用できるはずだ。にもかかわらず、やはり旭山にかなわないとしたら、それはもう北海道というと地の利があるから、ということに尽きる。旭川は北海道の中心にあり、動物園だけでなく温泉や冬にはスキーも楽しめる。つまり、動物園が付加価値なのか温泉が付加価値なのかわからないが、動物園だけではないと言うことだ。これは大きい。動物園だけが孤立して頑張っても客寄せは難しいだろう。プラスαを共に考える自治体なり地元商店などの協力が必要ではないか。(2009/10/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長