• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

電子書籍「キンドル」上陸の衝撃

アマゾンは出版を再興できるか

2009年10月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米アマゾンは10月22日に2009年7~9月期の決算を発表。売上高が前年同期比28%増の54億4900万ドル(約4900億円)、純利益は同69%増の1億9900万ドル(約180億円)と大幅な増収増益を記録した。

 好業績を牽引したのが、創業者であるジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)に「金額、数量ともにアマゾンで最も売れた製品」と言わしめた電子書籍リーダー「キンドル」だ。

電子書籍リーダー「キンドル」
画像のクリックで拡大表示

 2007年11月の発売以来、数値こそ公表していないがキンドルの快進撃は電子ブック市場を急速に拡大している。2007年第1四半期の全米市場規模は750万ドル。それが2009年第2四半期には3760万ドルと5倍になっているのだ。

 米アマゾンは10月7日、米国内向けに販売していたキンドルを世界100カ国以上の国に販売すると発表。当初279ドルと発表したが、23日には価格を20ドル引き下げ、さらに購買を促している。米アップルが「iTunes」と「iPod」というソフトとハードを開発して音楽業界の流通に変革をもたらしたように、アマゾンもキンドルを使って書籍購入の新たなプラットホームを築こうとしている。

 いよいよ日本にも上陸してきたキンドル。19日には日本向けに発送を始め、早い人では21日に手元に届けられたという。町の書店は、電子書籍の本格的な流行に恐怖を感じている。一方、出版業界関係者は書籍市場全体の拡大に期待を寄せる。

 キンドル上陸は、縮みゆく出版業界の再興につながるのか。商品開発を担当する米アマゾンのキンドル担当プロダクトマネジメントダイレクターのチャーリー・トリッツシュラー氏に、キンドルが世界に与える可能性と今後の展開を聞いた。

(聞き手は日経ビジネス記者、白壁 達久)

チャーリー・トリッツシュラー

キンドル プロダクトマネジメント ダイレクター

1989年から97年まで10年間米アップルで生産ラインマネージャーを担当。その後リベレートテクノロジーでマーケティング担当副社長、パームソースでプロダクトマーケティング担当副社長として商品マーケティング戦略とその実行を指揮。2005年、アマゾン入社。プロダクトマネジメント ディレクターに就任し、キンドルの商品開発、マーケティング、技術設計を担当する。



 ―― ついにキンドルを米国内から外へ、それも100カ国以上への販売を開始しました。

 トリッツシュラー ようやくこの日がやってきた。2007年に発売して以来、世界から待望論のあったキンドルを出荷できる。アマゾンにとって、キンドルは大きな成功の1つと言えるまでになった。

画像のクリックで拡大表示

 米国でも電子書籍が一般化してきた。その証拠にある本の販売データを見たところ、今年5月に紙の書籍100に対して35だった電子書籍の販売が、10月には48にまで上昇している。半年弱で13ポイントの上昇を記録した。今後も拡大は続くだろう。

 ―― 電子書籍リーダーが本格的に普及しなかった時期がありましたが、キンドルの登場で一変しました。キンドルは電子ブックの何を変えたのでしょうか。

 トリッツシュラー ほかがうまくいかなかった理由について、きちんとした分析ができているわけではないが、いくつかキンドルが改善した点はあると思う。

コメント4件コメント/レビュー

日本語版カラーのキンドルがでたら、ぜひ購入したい。コンテンツとしては新聞や書籍に限らず、雑誌やひいては通販のカタログなどもキンドルで見られて、直接注文できて、支払いはアマゾン経由で、というのが美しい姿でしょう。更にビデオコンテンツなどもアマゾンで買ってキンドルで見ることができればなお良し。家の本棚が本であふれかえることもなく、本の中を文字検索もできる。就寝前に本を読む人のために、ベッドの中でも電気をつけずにキンドルだけで本が読めればもっと良し。(2009/10/27)

「出版・地殻変動」のバックナンバー

一覧

「電子書籍「キンドル」上陸の衝撃」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本語版カラーのキンドルがでたら、ぜひ購入したい。コンテンツとしては新聞や書籍に限らず、雑誌やひいては通販のカタログなどもキンドルで見られて、直接注文できて、支払いはアマゾン経由で、というのが美しい姿でしょう。更にビデオコンテンツなどもアマゾンで買ってキンドルで見ることができればなお良し。家の本棚が本であふれかえることもなく、本の中を文字検索もできる。就寝前に本を読む人のために、ベッドの中でも電気をつけずにキンドルだけで本が読めればもっと良し。(2009/10/27)

電子書籍の日本における市場性について、過去の経験では読みきれない、大きな可能性を持つと思います。日本語版ができると、再販制度自体も変化するでしょうし、既存の業界秩序全体に大きな影響を与えながら、落ち着くべきところに魅力的な市場を作り上げると直感的ですが確信に近いものを持っています。キンドルがベストかどうかは大したことではなく、新コンセプトの新風俗が出現するのです。業界関係者に置かれては、守りに向かうのではなく、前向きに進化を見据えての対応が涵養と思います。されば新たなビジネス機会が来るし、否定的に受け止めているとそのうち淘汰のときが来るでしょう。(2009/10/27)

非常に素晴らしい。かつて、非常に高価な印刷装置を少数の人が持ちえた時代から続く、媒体に焼き付けてその媒体を売ることによって収益を得るビジネスモデルから、トマス・ジェファーソンが著作権や特許を喩えた「蝋燭の炎」に近いものになりつつあるということだ。書籍は、重たい紙の束を捨てて、工業製品から、サービスに進歩した。iPod、ビデオ・オン・デマンドに続く、著作物が本来の「配布用の媒体の製造費に左右されない、それ自体の価値でやり取りされる」という性質に純化する、大きな進歩だ。(2009/10/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長